餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

今週見かけたスマートフォン情景(9/18〜9/24)

スポンサーリンク

※街なかでみかけたスマートフォンの情景を淡々と記録していくだけの連載記録(^^;
iPhoneは殿堂入りで除外。知人やモバイルオフ会での端末、NYで見かけた端末もカウント外w

  • BlackBerry 8707h
    【使用者】40代(?)男性【場所】有楽町線車内【情景】トラックホイールを回していた。
  • IS01 ライトブルー
    【使用者】20代(?)女性【場所】東武東上線車内【情景】画面をタップしていた。

《今週の雑感》
今週は2台と少ない。
帰国してからの情景に限っているので、実質4日間しかないというのを踏まえても寂しい。ニューヨークでは、それこそ、石を投げればBlackBerryに当たる、と言ったような状況だったので、その落差が激しすぎる。
ただ、そんな状況だからこそ、電車の中で8707hを使っている情景を見た時は嬉しかった。一瞬、ほんの一瞬だけマンハッタンの地下鉄の夢を見た。周りを見渡すと、iPhoneとガラケーばかりだったので、夢は一瞬にして覚めたのだけれど。
auのIS01は2度目の目撃。前回見た時は、50代後半とも思える年配の方が、Qwertyキーボードを指1本で打っている(!)という衝撃の情景だったが、今回は一変して20代の綺麗なお姉さんが、楽しそうに画面をタップしていた。おぉ、これはまさに、auがターゲットとしていた「ネットで情報発信する20〜30代女性の2台目需要」というニッチな市場ではないかw
IS01のようなタイプのスマートフォンは、NYでは見かけなかった*1ので、結構新鮮に感じる。
【関連】
※スマートフォン情景シリーズ(現在から過去まで)のまとめ読み

*1:そもそも、ああいったタイプのようなスマートフォンが販売されているのかどうかもよく知らない。


マラソン・ジョギングランキングへ