餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

函館記念

スポンサーリンク

今日は色々やることがある上に、暑くて頭が回らないため*1、予想は控えようかと思っていた。
しかし、日頃から贔屓にさせていただいている週末人さんのこの企画に参加させていただきたいので、何とか気合を入れさせていただくことにした。
本命はナムラマース。
前走はしんがり負けだけれど、1年半の休み明けで全く競馬をしていない。58kgという斤量だったこともあり、「ただ回ってくれば良い」だけの競馬を指示された可能性もある。
今回は、叩き2戦目、2kg減の56kg。鞍上も主戦の藤岡佑介に変わって、条件は好転しまくり。それでいて人気薄なのだから、絶好の狙い目とみた。
まだ復調し切れていないのではないか?という危惧はあるものの、重賞2勝で2着が3回もある馬が、ここまで人気がないなら積極的に狙いたい。
対抗は、マヤノライジン。最初はこの馬を本命にしようと思った。前走は超出遅れなので、全く問題外。まともに出れば巻き返しは十分あり得る。
まとめて交わせば函館巧者のフィールドベアー。前走は案外だったけれど、無理して走って「本番」のハンデを重くする必要はない。大外枠はひっかかるが、今回は前走よりも早いペースで流れる筈だから問題ないとみた。
以下、最低人気ならば目をつぶって買いたいエイシンドーバーと、スマートステージ、メイショウクオリアまで。馬券は、◎の単と、◎-○▲△馬連5点&押さえのワイド5点。
◎ナムラマース
○マヤノライジン
▲フィールドベアー
△エイシンドーバー、スマートステージ、メイショウクオリア

*1:頭が回っていても当たらないじゃないか、と言われそうだけれどw


マラソン・ジョギングランキングへ