餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

端末ゲット!⇒リング装着の「お約束」(iPhone 4篇)

スポンサーリンク

自慢じゃないが、端末落下の経験は豊富だ。
たとえストラップをつけていようが、こんなパターンで落下させてしまうことがあるから、全く安心はできないのだけれど、それでも、ないよりは断然落ち着く。少なくとも、手に持って利用している際に落下させる危険性は激減させることができるからだ。
ストラップにも色々種類はあるけれど、現状は、ほぼ一択になっている。


pocketgames PDA秘宝館 ポケットリング

そう、pocketgames謹製のポケットリングだ。
これまでに何度も書いているが、このリングは本当に素晴らしい。ショートストラップで言えば*1、このストラップの右に出る物はないのではないかと思うぐらい気に入っている。
ということで、もちろんiPhoneにも装着しようと思っていたのだけれど…iPhone 4にはストラップホールがないじゃないか!(←何を今更w
しかし、心配はいらない。iPhone 4単体では無理だけれど、今後は無償配布される(?)らしいバンパーを活用すれば、ストラップ装着は可能だ。バンパー自身にもストラップホールはないけれど、問題はない。

そう、穴開け用の工具を使えば良いのだ。先の尖ったピンバイス類がひとつあれば十分だと思う。
穴なんか開けられるのか、と最初は思ったけれど、大丈夫。僕は、この方法を、Twitter経由で、先達の方に教えていただいたのだけれど、その時に親切なアドバイスをいただいたおかげで、不器用な僕でも簡単にできた。
もしかすると、迷っておられる方がいらっしゃるかもしれないので、簡単にご紹介させていただく。

バンパーの内側に溝がついているので、その溝に工具の先端部分をあて、根気よく穴開けを押し進めるだけ。僕は不器用だから10分近くかかってしまったが、普通はもっと簡単に開けることができると思う(汗
僕が穴を開けたのは、左下。意識しないで穴開けを進めたため、「問題の」アンテナ部分周辺を選んでしまった。実用上は問題なさそうだけれど、気にする人は他の部分の方が良いかもしれない。

装着してみたところ。
違和感もないし、何より安心感が格段に増して素晴らしい。iPhone 4は両面がガラスなので、落下時の危険性は計り知れない。だから、本体保護とともに、最大限の落下防止策が必要だと思う。その点に関して、ポケットリングは非常に頼りになる。
装着時は、バンパーのストラップ部分がほんのわずかだけ浮いた感じになるが、その点は気にしなくてよいと思う。バンパーは、全体的にカチッとiPhone 4を固定しているので、簡単には外れないからだ。試しにポケットリング部分を持って振り回してみても*2、バンパーが外れることはなかった。
「バンパーに穴を開ける」ということに抵抗がなければ、この方法はオススメだ。

*1:ネックストラップは、同じストラップ類でも使い勝手が違うので、別ジャンルだと思っている。

*2:良い子は真似しないようにw


マラソン・ジョギングランキングへ