餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

WILLCOM CORE XGP 解約…。

スポンサーリンク

もう待てなかった。
XGP対応端末であるGX001Nを受け取ってから、4ヶ月以上辛抱してきたが、流石に限界だ。結局、正味1時間も使えなかった。もしも無料期間でなかったら、暴動でも起こしたいぐらいの心境。
3月末で無料期間は終了なので、それまでに契約を打ち切らないと、課金が発生してしまう。繋がる地区の人には快適なサービスなのかもしれないが、僕の生活圏では全く使い物にならないのに、高い通信費を取られては間尺に合わない。
ということで、忘れないうちに解約することに決めた。
いい思い出はなかった。入手直後から、家でも会社でも全く繋がらず、大きく落ち込んだ。12月になり、会社内で遂に繋がったと歓喜したものの、接続スピードは激しく遅く*1、とうてい使い物にならなかった。
エリア拡大とスピードアップに期待…と思っていたのだけれど、なんと、その後はまたしても繋がらなくなってしまった。酷い話だ。
解約を申し入れた際、端末の返却用キットが送付されるという回答を受けたが、1週間たってもキットは送られてこなかった。僕は、端末がウィルコムに返却出来次第解約だと思っていたから、腹を立てて督促した。このままなし崩し的に有料期間に突入されてはたまらないと思ったからだ。

心配はいらなかった。お知らせを見ると、連絡した直後に、解約手続きは完了していたようだ。イー・モバイル解約時の印象*2があったため、勝手に誤解していたが、これならば督促することはなかった。
とりあえず、まずはこれで一安心。

ヤマトへの引き渡しを行わなければいけないので、返却処理は、今週末にでもゆっくり行うこととしたい。

*1:スピードテストの結果は、0.28Mbps!

*2:イー・モバイルの場合、SIMがイーモバに到着しないと解約にならない。


マラソン・ジョギングランキングへ