餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

阪神ジュベナイルフィリーズ

スポンサーリンク

2歳女王決定戦。
しかし、単なる2歳G1の意義付けと考えてはいけない。ウオッカ、トールポピー、ブエナビスタと、ここ3年連続でクラシック馬を輩出している、超重要なレースなのだ。
ただ、ブエナビスタこそ1番人気だったが、ウオッカは4番人気、トールポピーも3番人気で制しているから、このレース前の成績と云うよりも、将来性を睨んでの予想が必要になると思う。現時点で、昨年のブエナビスタほど大物感のある馬は見つからず、大荒れもあり得るとみた。ならば、思い切って大穴から狙いたい。
本命はグローリーステップ。
全く人気はないけれど、2走前のサフラン賞では、人気のアニメイトバイオとクビ差の接戦で2着。しかも、前崩れのレコードレースで粘ったものだから価値が高い。前走の大敗は、初の長距離輸送が響いた感がある。陣営は、その教訓を踏まえて、今度は栗東調整。その気合を買う。今回は、後方から行く有力馬が多いだけに、前に行ける脚質もいい。
今回スペシャルウィーク産駒は4頭出走しているが、その中では一番人気薄。しかし、思えばファンタジーSでもスペシャルウィーク産駒は4頭出ていて、その時最もノーマークだったタガノエリザベートが勝ったのだ。「今度はこっちのスペシャルかよ〜」という展開を期待。
相手は結構難しい。2歳牝馬と云うこともあり、パドックなどの状態も踏まえて、直前まで悩むつもりだけれど、3連系で手広く流したい。人気どころ中心に買うが、メイショウデイム(気配を消してる福永は注意!)や、ステラリード、ベストクルーズあたりまで押さえたい。
グローリーステップが超人気薄だけに、多少手広く買っても十分儲かる筈だ。(来てくれればの話だけれどw)


マラソン・ジョギングランキングへ