餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》関屋記念

スポンサーリンク

マイルで開花するダービー2着馬の底力。
三浦皇成、スマイルジャックで1年ぶりの重賞制覇!

馬名 性齢 騎手 タイム 着差 人気
スマイルジャック 牡4 三浦皇成 1.32.7 2
ヒカルオオゾラ 牡5 武豊 1.32.9 1 1
マイネルスケルツィ 牡6 石橋脩 1.33.2 1 3/4 13
◎キャプテンベガ 7番人気5着…orz
レースは、昨年の勝ち馬マルカシェンクが大きく出遅れたところから始まった。どよめく場内。やはり、福永が「選ばなかった」時点で、ちょっと出来に問題があったのかもしれない。
予想通り、マイネルレーニアが先頭を奪い、4角まで軽快に逃げたけれど、直線に入ると息切れ。最後は瞬発力比べの形になった。
直線半ばから、スマイルジャックが堂々と抜け出し、それをヒカルオオゾラが猛然と追い詰めてきた。しかし、スマイルジャックは、ヒカルオオゾラが迫って来るや、さらにもうひと伸び*1、突き放したところがゴール。
勝ったスマイルジャックの上がりは、なんと32.5。2着のヒカルオオゾラの上がりも32.7で、この2頭だけが図抜けている。それだけ、このメンバーでは力が上だったということだろうか。
鞍上は、奇しくも「新旧」天才対決となり、今回は「新」天才の三浦皇成が制した。夏場のこの時期は、主に札幌と小倉で騎乗している2人だけに、新潟のファンにとっては、素敵なプレゼントになったのではなかろうか。
僕の本命キャプテンベガも、いい感じで追い込んできていたが、直線では少しヨレ気味で、吉田豊が追うのに苦労しているような印象を受けた。中団からするすると上がって、33.5の脚を使っているから、そんなに悪くはないのだけれど、32秒台の脚を使う馬がいてはお手上げ。先行していたマイネルスケルツィやキャプテントゥ交わしきれず、掲示板に入るのがやっとだった。完敗。

*1:したように僕には見えた。


マラソン・ジョギングランキングへ