餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

名画座で見た名画

スポンサーリンク

毎週金曜日は、気の合う同僚と痛飲するのが定例になっているのだけれど、昨日は少し趣を変えて、映画でも見てみることにした。会社の近くにある名画座で、気になる映画を上映していたからだ。
美味しい蕎麦を食べて腹ごしらえをしたあと、同僚と見た映画はこれだった。

名監督クリント・イーストウッド&名女優アンジェリーナ・ジョリーのチェンジリング。ロードショーの上映時に見て、痺れた映画だ。
映画の感想については、あの時に詳しく書いたから、今回は省略するけれど、ただ、あらためて名作だということは実感できた。
既に先週DVD化もされているから、今は家で手軽に見ることも可能だ。しかし、映画館で見る映画は、やっぱり格別。名画座というと、もっと寂れたイメージがあったのだけれど、僕が見た映画館は、まだまだ活気に溢れていて、やっぱりスクリーンはいいなぁ、と思ってしまった。
映画終了後は、かなり遅い時間になってしまったが、それでも少しだけ感想会。これがまた愉しい。機会があれば、また名画を見に行こうということで、意見が一致して散会。
ロードショー公開時に入手できなかったパンフレットも購入できて、実に満足の夜だった。


マラソン・ジョギングランキングへ