餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

記念日の夜に香港から…

スポンサーリンク

昨日は、僕のはてなダイアリー4周年記念日だったのだけれど、それと時期を合わせるかのように、香港から素晴らしいブツが届いた。

そう、ソニエリのMBW-150だ。
僕がこれを注文したのは、11月18日の早朝。id:RIKEN01さんの、このエントリーに触発されて物欲が止まらなくなり、eXpansysに1つだけ残っていた在庫品を注文。すると、当日の夕方にはもう出荷案内のメールが届いた。いつものようにFedExで送付され、翌11月19日には既に日本へ。いやはや驚いた。
TreoProで放置プレイをくらって以来、ちょっと愛想を尽かしていた部分もあったeXpansysだけれど、やるときはやるじゃないかw
FedExトラッキング情報では、その19日夜にも届くということになっていたのだけれど、通関で少しひっかかり20日に。しかし、それでも十分早い。僕としては、記念日にプレゼントを貰ったような気分で、実に嬉しくなった。

箱を開けてみた。
憧れだったSony Ericssonの文字に出会って感激。最初は、この時計箱しか入ってないのか?と思ったのだけれど、そうではなくて、同梱物は下部に収まっていた。こういった見せ方のうまさは、流石ソニエリだと思う。

MBW-150本体と同梱物一覧。
充電セット、マニュアル、重要情報の冊子。マニュアルは、なんと269ページもある。「時計」のマニュアルがこんなに厚いなんて。ただ、これは各国語で紹介されているためで、なんと21カ国語(!)もの言語で書かれている。ヨーロッパ各種言語の他、もちろん中国語も。
グローバルなガジェットなんだなぁ、と思うとともに、その中に日本語がない寂しさを感じた。

早速充電中(^^;
気になるWM機器やNOKIA S60端末とのBluetoothペアリングは、週末にじっくり実施しようと思っている。


マラソン・ジョギングランキングへ