餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

スプリンターズステークス

スポンサーリンク

さぁ、胸躍る秋G1戦線のスタートだ!
と言いたいところなのだけれど、何だかどうにも気持ちは盛り上がらない。G1ではあるものの、その施行時期がどうにも「浮いている」感が否めないからである。この感覚は、春の高松宮記念の時の感覚に似ている。本格的なG1シーズンスタート前の、露払い的なイメージ。
これは完全に僕の主観だけれど、冬枯れのターフで行っていた頃の方が、このレースらしい気がしたんだけれどなぁ。(香港との兼ね合いがあるから、それが難しいというのはわかっているけれど…)
と、勝手な夢想ばかりしていても埒があかない。予想に移ろう。
本命はスズカフェニックス。
最近は不発続きなので、衰えたりという評判もあるようだけれど、本当にそうなのだろうか。休み明けはもともと走らないから、前走を度外視すれば、叩き2戦目の今回こそが勝負とみた。
今年の重賞トレンドは「レース後、武豊が悔しがる」展開。この馬は云うまでもなく、武豊の主戦馬だ。だからこそ、この馬が自身の不在中に勝ったりしたら、相当悔しいのではないかと思う。
今年の横山典弘は、昨年の不振を吹き飛ばす絶好調モードに入っており、こういう時のノリは本当に頼りになる。昨日も、武豊から乗り変わりのロジユニヴァースで札幌2歳Sを制覇。その勢いは止まっていないと見た。
先行して押し切れる底力のある、スリープレスナイトがやはり対抗。「ただ取り同然」だったサマースプリントシリーズ王には見向きもせずここ1本に絞ったローテーションに、陣営の本気を感じる。*1
これまで、G1戦線でのクロフネ産駒は底力が足りないと言い続けてきたのだけれど、ブラックシェルで痛い目にあいつづけているので、少し軌道修正してみる。(これが裏目に出ることが多いんだよなぁ…。)
以下、前走2着でもまだ信用されてないシンボリグラン、フジキセキ産駒の2頭(ファイングレイン、キンシャサノキセキ)に加えて、前走見どころがあったジョリーダンスまで。
馬券は◎1頭軸で、馬連、3連単マルチを買いたい。
◎スズカフェニックス
○スリープレスナイト
▲シンボリグラン
△ファイングレイン、キンシャサノキセキ、ジョリーダンス

*1:僚馬であるカノヤザクラとの兼ね合いかもしれないけれど。


マラソン・ジョギングランキングへ