餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

マイネルエデン、デビュー!

スポンサーリンク

実を言うと、今日は重賞よりも「札幌4R」の方が気になっている。久々に、一口馬主*1の所有馬がデビューするからだ。
その名は「マイネルエデン」
父キングヘイロー、母モナベール(母の父 Machiavellian)という血統の牡馬になる。血統的に、札幌芝の1800メートルが向いているとは思えず、調教も抜群というわけではないから、メンバー的には苦しい。ただ、無事にデビューを迎えられたことは嬉しく、何とか今後に繋げるレースをしてもらいたいと思う。鞍上は「あの」三浦皇成。天才新人ならではの手綱捌きに期待したい。
で、結果は…。(レース後追記)

馬名 騎手 斤量 タイム 着差 上3F
スズカワグナー   安藤勝己 54 1.50.4 36.1 1
ナパ        藤田伸二 54 1.50.7 2 36.1 3
マイネルアヴァル  津村明秀 54 1.50.9 1 1/4 36.3 5
マイネルエデン   三浦皇成 53☆ 1.51.1 1 1/4 36.2 4
ハートオブウインク 宮崎光行 54 1.52.1 6 36.9 7
タマモユニヴァース 秋山真一郎 54 1.52.4 2 38.0 2
ピエナファンタスト 武幸四郎 54 1.53.4 6 38.4 6
レッドハイヒール  大野拓弥 54 1.53.7 1 3/4 38.8 9
ホクトスワン    横山典弘 54 1.55.8 大差 39.9 8
4着だった。
出入りの激しい競馬だったけれど、それなりにいい位置にとりついていたし、最後もまずまず伸びていた。スタート直後は口を割っていた感があったから、そのあたりが良くなれば。
初戦としては上々だったのではないかと思う。次走に期待。(3連複で流していたので、直線では結構アツくなったけれど…。)

*1:正確に云うと、一口を更に会社の仲間たちでシェアしている。


マラソン・ジョギングランキングへ