餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

宝塚記念

スポンサーリンク

春のグランプリ、ドリームレース、宝塚記念。
本来ならばもっと胸がときめいていい筈なのだけれど、どうにも気持ちは盛り上がらない。週初めの本命予定だったカワカミプリンセスが回避。天皇賞馬のアドマイヤジュピタも、4歳「2強」のダイワスカーレット、ウオッカもいない。おまけにこの雨で馬場は最悪。これで盛り上がれという方が無理だ。
これだけ馬場が悪くなると、先週のような超大波乱が頭によぎり、フォルテベリーニあたりを狙いたくなってしまったのだけれど、流石にそれはあるまい。先週のハンデ戦と違って、今週は定量戦、それもG1なのだから。
素直に考えれば、メイショウサムソンだろう。
GI 4勝の実績はここに入れば断然だし、道悪も十分こなす。他馬が気にする分、むしろプラスではないかと思う。ただ、やっぱり気になるのは鞍上。これまで天才武豊を作り上げてきた「レース勘」に、どうにも今年は翳りを感じるからだ。
この枠でこの馬場ならば流石に先行してくれると思うが、外から色々な馬がかぶせていったりすると「控えて」しまうのではないかという危惧が残る。無理に激しい先行争いに加わらなくても、あとできっちり差しきればよいと。
この馬は切れ味勝負の馬ではなく、前に行って粘り込む勝負根性が売り物だということは、僕などが偉そうに云わなくても、武豊には周知のことだと思うけれど、どうにも今年は全幅の信頼がおきにくい。
ただ、いくら何でも3着は外さないとみて、消極的な軸としての本命。相手を捻って、組み合わせや順番の妙で高配当を期待したい。
エイシンデピュティは、岩田が乗るなら本命も考えた。このレースに相性のいい金鯱賞経由で、逃げ脚も魅力。大レースに強いフレンチデピュティ。ただ、昨年の天皇賞で降着になっているように、乗り難しい馬で、いくら名手とはいえ、阪神不慣れなウチパクで乗りこなせるのかどうか不安が残る。その分評価を下げて対抗。
アルナスラインは、前走、外枠圧倒的不利の馬場状態で、17番枠から、最速上がりで差してクビ差。まだ底は見せていない。阪神2,200メートルの勝ち星もあるし、ここでは当然有力。
一発があれば、ドリームパスポート。「もう終わった」との見方もあるようだけれど、ドバイ以降の確変で、フジキセキ産駒が次々息を吹き返しているだけに、この馬だって復活がないとはいえない。3歳時まではメイショウサムソンと好勝負を繰り広げてきた馬だし、復帰後も、有馬記念では見どころがあった。「松岡が合わなかっただけ」と考えれば、勝負師蛯名に乗り変わり、距離短縮、道悪(この馬は巧い)と、条件が揃った今回は絶好の狙い目。「ドリーム」レースということで過剰人気になっている感もあるが、それでも押さえたい。
今年に入ってからの充実度がめざましいカンパニー。安田記念回避は残念だったけれど、目の外傷であれば、後遺症は少ない筈。距離は微妙だけれど、今年のノリは勝負勘が冴えている。保たせられる秘策を練っている筈だ。エイシンデピュティが内田だけに、ノリが主導権を取る可能性もあると思う。すんなり逃げられれば、逃げ残りも十分あるとみた。
もう1頭。これも今年に入っての充実が目立つアドマイヤフジ。距離短縮&阪神変わりは絶好でこの人気薄なら、やっぱり食指が動く。
ロックドゥカンプは前走で底が見えた感。アルナスラインより先着できるイメージが浮かばない。岩田の騎乗は恐いが、ここは消し。菊花賞馬アサクサキングスは、前走勝ちにいっての3着で悪くないし、評価するつもりだったけれど、道悪で消し*1。アドマイヤオーラともども手が回らなかった。
馬券は◎1頭軸の馬単&3連単マルチで勝負。トリガミ覚悟で高めの決着に期待。
◎メイショウサムソン
○エイシンデピュティ
▲アルナスライン
★ドリームパスポート
△カンパニー
△アドマイヤフジ

*1:ホワイトマズル産駒なら、こなしてもおかしくないのだけれど…


マラソン・ジョギングランキングへ