餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

その音を消せ!〜E90編

スポンサーリンク

昨日のエントリーで、僕は、X01NK(E61)キー操作音の消し方について書いた。
この音については、同じNOKIA端末であるE90においても、その購入直後から発生していた。僕は、一瞬「またかよ…」と思い、イライラしたのだけれど、既にX01NKで《練習》しているから、戸惑うことなく対処することができた。
ということで、自分用の覚書も兼ねて、その変更方法を書き残しておこう。

メニュー画面から、「Tools」を選択。英語にはなっているけれど、X01NKの時とアイコンは同じなのでわかりやすい。X01NKと違って、Qwertyキーによる一発選択はできない。Qwertyキーの1段目と対応している。左から6番目なので「6」キーを押しても良い。

次の画面で、Profilesを選択。X01NKの時と名前は異なる*1が、アイコンは同じなので、戸惑いはなかった。左から4番目なので、Qwertyキーの「4」キーを押してもOK。

Offlineを選択。※SIMが入っていない場合。

Personaliseを選択。X01NKでは「カスタマイズ」となっていたところ。

Keypad tonesを選択。デフォルトでは「Level 2」になっているようだ。

これをOFFに変更し、「OK」を選択すれば完了。なぜ最初からオフになっていないのかと小一時間(ry

SIMを入れて使用する場合は、Profilesの設定画面で「General」を選択し、以下同様の処理をすれば良い。
もちろんこれは、E90の縦画面でも設定できる。手順としては基本的に横画面と同じなので、くどくどと説明するより、画像でその流れを見て貰った方が手っ取り早いだろう。メニュー画面では、アイコンの位置とテンキーが呼応しているので便利。




いざ設定してしまえば、実に簡単なことなのだけれど、X01NK(E61)で学んでいなければ、知識の乏しい僕は、相当悩んでしまったかもしれない。
これがあるから、X01NKとE90の併用は便利だ。E90だけだと、その情報の少なさと英語の壁で戸惑うような事態に至っても、完全日本語端末のX01NKが助けになってくれるからである。

*1:X01NKの場合は「モード」を選択。


マラソン・ジョギングランキングへ