餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や将棋の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

根岸ステークス

スポンサーリンク

言いがかりを承知で書く。
月曜日の競馬開催は迷惑だ。折角、週末モードから頭を切り換えて仕事に臨むつもりだったのに、その間もずっと馬が走っていると思うと、気になって仕方がない。天気のせいなのだから仕方ないとわかってはいるが、それでもやっぱり苛立ちがつのる。
そんなに気になるのなら、いっそ今日は全ての情報を遮断して、競馬がないものと考えれば済むのかもしれない。そうだ、競馬なんてないと思い込めばいいんだ。スポーツ新聞もWeb巡回も、全て断ち切って。簡単な話じゃないか。ははははは。
…などときっぱり割り切れれば、どんなに幸せなことだろう。もちろん僕には無理なので、こうやって夜も明けないうちから予想を書いて、昼休みに馬券を買うのだ(汗)
根岸ステークスの本命は、ワイルドワンダー。
昨年以降の充実ぶりには目を見張る。どんなコースでも展開でも、堅実に前を追ってくる姿は、実に頼もしい。馬場の悪化も心配要らない筈だ。ジャパンカップダートの敗戦は、距離が長すぎただけ。休み明けは気になるが、岩田ならばそれでも目一杯追ってくれるとみた。堅軸。
相手は難しいが、前走の脚が鮮やかだったトラストジュゲムが、再度池添騎乗で魅力。連勝中の勢いが買えるアドマイヤスバル、レオエンペラーもいい。マイネルスケルツィの前走は、確かに鮮やかだったけれど、展開が嵌ったようにも見える。地雷のような雰囲気も漂うが、思い切りよく内を突ける松岡だけに一応押さえる。
馬券は◎-○▲△△馬単マルチ10点で勝負。◎以外の馬は、全て、前走勝ちで勢いのある馬を選んだ。勢いで◎を2着に封じ込めてくれると、馬券的には美味しい。勢い余って、3着以下に封じ込めたりしては困るけれど…。
◎ワイルドワンダー
○トラストジュゲム
▲アドマイヤスバル
△レオエンペラー
△マイネルスケルツィ


マラソン・ジョギングランキングへ