餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ソフトバンクの呼び出し音サービスに思うこと

スポンサーリンク

上戸彩のCMを見て気になったので、ちょっと試してみた。ソフトバンク同士でしか鳴らないのかと思っていたのだけれど、au(INFOBAR)からでも、ウィルコム(Advanced/W-ZERO3[es])からでも鳴った。ドコモの電話は持っていないのだけれど、間違いなく鳴る筈だ。
気になったのは、その「音」である。CMの印象だと、1回だけさらっと鳴るのかと思っていたのだ。
しかし、実際は違った。「プププッ、プププッ、プププッ、プププッ」と、何回も鳴る。少し耳障りなぐらいに。まぁ、慣れるのかもしれないけれど。
人によっては便利なサービスなのかもしれない。このサービスによって、ソフトバンクを持っている友達が多いとわかれば、他のキャリアからソフトバンクへ乗り換える人もいるだろう。ホワイトプランなどを使えば、日中の通話が無料になるからだ。
ただ、僕は、何となく不愉快になった。「強制サービス」というのが引っかかるのだ。人によっては、《自分の持っている携帯キャリアを知られたくない》という人だっていると思うからである。【呼び出し音サービスは利用しない】というオプションも設けるべきだったのではないか。うーん、考え過ぎかなぁ…。


マラソン・ジョギングランキングへ