餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ワシントンD.Cへの小旅行(出発編)

スポンサーリンク

ニューヨークからワシントンD.Cへの旅は、何年か前から計画していたのだけれど、やはりちょっと時間がかかるので、二の足を踏んでいた。
1週間も2週間もNYに滞在できるならいいが、実質3日程度しかない自由時間のうち、丸1日をワシントンにとられてしまうのは痛いなぁ、と思っていたのだ。ただ、こんなことを繰り返していてはいつまで経ってもいけないので、今年こそはと一念発起、出かけてきた。
国会議事堂、スミソニアン博物館、ワシントン記念塔、ホワイトハウス…。お定まりの観光コースを一巡りし、それなりに満足しているのだけれど、長い列車旅に加え、終日歩き回った疲れで、まとめる力が起きない。ということで、今日のところは、ワシントンD.Cに着くまでだけにとどめておこう。

朝6時前のNYペンシルバニアステーション。いやはや眠い。最初は、こんなに早く出発しなくてもいいかと思ったのだけれど、何しろニューヨークからワシントンまでは、片道3時間半もかかるのだ。それなりに観光しようと思ったら、やはり、早朝から動くしかないと考え直した。

憧れだったアムトラック。想像以上に素敵だった。座席は日本のグリーン車なみで快適だったし、これなら長時間の旅でもそれほど苦にはならない。

食堂車がついていることに感激。食事をしながらパソコンを開いている人が多いので、なぜかと思ったら、その理由があった。電源コンセントが2つ(写真左端の真ん中あたり)ついているのだ。

ということで朝食。ホットドックもコーヒーもアメリカンサイズでボリューム十分。これにヨーグルトをつけて、5ドル程度なら高くない。僕はかなり満足することが出来た。
(以下続編へ…)


マラソン・ジョギングランキングへ