餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

代用眼鏡の憂鬱

スポンサーリンク

酔って帰ってきた昨晩。
起きてみると、フローリングの床に、砕けたガラスの破片が散乱していた。なんと眼鏡を落として割ってしまっていたようだ。眼鏡を拾い上げてみると、片方のレンズが完全に外れていた。しかも僕は、昨晩眼鏡を外した記憶さえ残っていなかったのだから、実に情けない。
ということで、今日は会社を早々に退社し、眼鏡屋へ出かけて修理を依頼した。その結果、大枚をはたく羽目に。自業自得とはいえ、こういった出資は実に痛い。片方のレンズだけで済んだのは不幸中の幸いかもしれないけれど。
お盆ということもあり、修理の出来上がりまでには1週間もかかってしまう。それまでの間は、代用の眼鏡を使うしかないのだが、久々に持ち出したその眼鏡は、僕をとても憂鬱にさせた。今よりかなり太っていた頃に買った眼鏡なので、顔のサイズに合わないのである。顔のサイズにあわせようと何度もかけ直すのだけれど、暑さによる汗で、いくらやってもずり落ちてきてしまう。とにかく不快きわまりない。こんな眼鏡と、これから1週間近くも過ごさなければいけないとなると…僕はとても落ち込んでいる。


マラソン・ジョギングランキングへ