餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ウオッカ、凱旋門賞を断念:netkeiba.com

スポンサーリンク

昨日の情報で、ある程度想定されたこととはいえ、やはり残念だ。3歳牝馬は斤量的に有利であることとともに、メイショウサムソンにとっても相乗効果が期待できる*1と思っていたからである。
しかし、決まってしまったことは仕方がない。角居師の言うとおり、凱旋門賞は、中途半端な状態で「挑戦するだけの」レースではないから、いったん歯車が狂ってしまった以上、正しい決断だと思う。
今年の凱旋門賞制覇という夢は消えてしまったけれど、ウオッカほどの馬になれば、まだ叶えられる夢はいくつもある。ここは気持ちを切り替えて頑張って欲しい。

*1:日本馬が2頭出走となれば、異国競馬に伴う駆け引き面や展開面の不利が緩和される。


マラソン・ジョギングランキングへ