餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《回顧》マーメイドステークス

スポンサーリンク

6歳にして開花した素質
ディアチャンス、名手に導かれ重賞初制覇!

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 通過順 上3F
6 7   ディアチャンス   牝6 武豊   53 1.58.4 05-05-06-05 34.5 2
7 9 サンレイジャスパー 牝5 佐藤哲三 54 1.58.6 11/4 08-08-07-05 34.6 5
4 4 ソリッドプラチナム 牝4 小牧太  53 1.58.6 クビ 11-11-12-12 34.2 6
1 1 シェルズレイ    牝4 岩田康誠 54 1.58.7 1/2 01-01-01-01 37.0 3
3 3   スプリングドリュー 牝7 柴山雄一 55 1.58.9 11/2 12-11-09-08 34.7 7
5 5 ミスベロニカ    牝3 荻野琢真 48 1.59.0 3/4 03-03-04-05 35.2 4
7 10 コスモプラチナ   牝4 藤岡康太 51 1.59.2 11/4 02-02-02-02 36.0 8
8 11 コスモマーベラス  牝5 安藤勝己 56 1.59.2 クビ 09-09-09-08 35.1 1
5 6   ライラプス     牝5 鮫島良太 54 1.59.3 クビ 06-06-04-03 35.7 10
10 8 12 ヤマトマリオン   牝4 幸英明  51 1.59.8 09-09-09-08 35.6 9
11 2 2   ニホンピロブリュレ 牝6 川島信二 50 2.00.1 03-03-03-03 36.6 12
12 6 8   ショウナンパントル 牝5 川田将雅 52 2.01.4 06-07-08-11 37.2 11
LAP 12.6-10.9-11.6-11.5-11.4-11.8-11.9-12.1-12.5-12.1
通過 35.1-46.6-58.0-69.8  上り 71.8-60.4-48.6-36.7平均 1F:11.84 / 3F:35.52
単勝  7 \440
複勝  7 \180 / 9 \250 / 4 \380
枠連  6-7 \1060 (5)
馬連  07-09 \1910 (9)
ワイド 07-09 \760 (9)/ 04-07 \1140 (14)/ 04-09 \1200 (16)
馬単  07-09 \2950 (9)
3連複 04-07-09 \7270 (25/220)
3連単 07-09-04 \33810 (98/1320)

いやぁ、ディアチャンスには驚いた。5歳秋まで1000万下で3着を繰り返していた馬が、まさかトントン拍子で重賞まで制覇してしまうとは。それも、初距離となる2,000メートルを見事にこなしてしまったのだから、感服するばかりである。
僕は、予想上で「ディアチャンスは、最後の1ハロンで力尽きそうな気がする。」などと書いてしまったが、実際は最後の1ハロンまできっちり伸びていた。成長した牝馬は、距離の壁をも突き抜けるということか。成長しないのは、僕の予想だけだ…orz
レースは、岩田康誠シェルズレイが大逃げを打つ展開で、場内を大いに沸かせた。4コーナーでは最後まで粘りきってしまうのではないかと思えたほどだ。しかし、+10kgが影響したのか、道中リラックスしきれなかったのか、最後の最後で一気に差されてしまった。高速馬場の阪神だけに4着に残ったけれど、そうでなければもっと沈んでいたような気もする。ただ、今回は休み明けだったことを考えると、これで落ち着く(筈の)次走あたりが狙い目か。
1番人気のコスモマーベラスは、全くいいところなく惨敗。最後の直線では、武豊の真後ろから一瞬伸びかかるも、そこで止まってしまった。2,000メートルは愛知杯2着があるから大丈夫だと思っていたのだけれど、坂のある阪神だと少しきついのだろうか。ただ、それにしても負けすぎで、状態がまだ本調子ではないのかもしれない。


マラソン・ジョギングランキングへ