餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

有馬記念

スポンサーリンク

ついにこの日が来てしまった。
今日を最後にディープインパクトの走りが見られなくなるのだと思うと、胸がしめつけられそうになる。本当に寂しい。
POGの指名馬だったこともあって、デビュー前からずっとその軌跡を追いかけ続けてきたディープインパクト。僕の競馬人生の中で、最も感慨深い馬だった。あらためてこの2年間を思い返してみると、今でも鮮明に、さまざまな衝撃と感動が甦ってくる。
この馬ならば、世界最高峰レースである凱旋門賞制覇さえ、不可能ではないと信じた。その夢は、3着敗戦、そして失格という最悪の結末に潰えてしまったけれど、背水の陣だったJCで復活し、良い形で有馬記念を迎えることができたのは嬉しい。
だからこそ、ここは勝たなければいけないレースだ。ディープにとっては昨年の雪辱戦となる。武豊も、この最強馬に「中山が苦手」などという不本意な汚名を残したまま、引退させるわけにはいかないと感じている筈だ。すっきり勝って、引退式に臨んで欲しい。
ディープインパクトの単。
相手選びについて、まず僕は、来年以降の競馬界をイメージしてみた。来年からは、ディープインパクトという圧倒的な存在が姿を消してしまう。となると、今回ディープインパクトに迫った馬が、今後の主役になっていくというのが、最も絵になる構図だ。ディープを除く4歳世代は壊滅状態だから、ここは3歳馬の出番であり、中でも現時点での3歳最強、ドリームパスポートがバトンを受け継いでいくレースかと考えたのである。
しかし、色々と試行錯誤しているうちに、少し迷ってきた。ドリームパスポートが、いくら堅実な馬とはいえ、「トライアル」「菊花賞」「JC」と、秋3戦の激走後、まだ余力を残しているとは考えにくいと思えてきたのだ。
ということで、週半ばには、人気落ちの2冠馬メイショウサムソン狙いに切り替えた。この馬も秋4戦目になるが、大型の叩き良化型馬であるし、力を出し切っていない東京から、得意の中山に戻れば、チャンスは十分だと思ったのだ。しかし、それも馬体が絞れないという情報があり、全幅の信頼はおきにくい。
ならば、もう少し捻って、あのハーツクライを捻り潰した宝塚記念が忘れられない女傑スイープトウショウ、鞍上のミラクル「2着力」が後押しした場合のスウィフトカレント、この秋の安定ぶりはめざましく、昨年4着のコスモバルクあたりまで手を広げてみたい。
この秋充実のダイワメジャーも怖い存在だが、距離と枠順が不安。この枠だと外からアドマイヤメインにかぶせられることは必至で、今回は乗りにくい競馬になる筈だ。人気でもあることだし、ここは思い切って消し。
アドマイヤメインは、大逃げをするならチャンスはあると思う。しかし、ソツなく乗ることが大先生の騎乗だけに、最初から意欲的に引き離して逃げることは想像しにくい。貯め逃げの形に持ち込もうとする展開だと、ダイワメジャーやコスモバルクあたりにつつかれて、淀みない流れになりそうな気がする。
予想をした以上、一応ディープ1着固定→△馬流しの3連単馬券(20点)も買うつもりではいる。しかし、今日の僕は、現地中山競馬場で、2500メートルの間ずっと、ディープインパクトの姿だけを追い続けることになる筈だ。だから正直そんな馬券はどうでもいい。
ディープ最後の単勝馬券を握りしめて、ありったけの声を振り絞りながら、ラストランを見届けたい。
◎ディープインパクト
△ドリームパスポート
△メイショウサムソン
△スイープトウショウ
△スウィフトカレント
△コスモバルク


マラソン・ジョギングランキングへ