餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

凱旋門賞スペシャルLIVE

スポンサーリンク


後楽園ウインズで行われる凱旋門賞LIVEは、JRAでその企画が発表されてから、ずっと気になっていた。フランスには行けなくても、せめて大画面のライブで応援したい。この興奮をみんなと共有したい。そう思っていたからだ。
ただ、イベント終了25時というのがとにかくネックだった。終電なんてとっくになくなっている時間だからである。それで僕も一度は諦めた。しかし、やっぱりどうしても諦めきれずに、覚悟を決めて行くことにした。

驚いた。ディープインパクト関連のイベントだから満員になることは予想できたが、何しろ終了時間が終了時間だけに、今回は焦らなくてもいいと思っていたのだ。それでも少し余裕を持って、会場1時間前の8時半に着いたのに、こんな大変な行列になっているとは。いやはや流石はディープインパクトである。
皆、どうやって家に帰るのだろう。まさか誰もがこの近所の住民というわけではあるまいに。もちろん僕も今日は帰れないから、後楽園ウインズ近くのホテルに泊まって、明日はそこから出勤することにした。日曜の夜に何をやっているのだ、と思われるかもしれないが、それだけの価値があるイベントだと僕は判断したのだ。

立ち見になるのも覚悟していたのだけれど、先着700名には、ちゃんと指定席が用意されていた。オリジナルの応援旗も提供してもらえたので、ホテル代をかけてでも、来て良かったと思っている。
今はいったんホテルに戻ってこれを書いているけれど、これからまた後楽園ウインズに向かうこととなる。イベント開始は11時。須田鷹雄や福永祐一も来るということだから、実に楽しみだ。凱旋門賞出走時間まで、もうあと僅か。この高揚感を、多くの競馬ファンと共有LIVE体験できるのは、とても嬉しい。来て良かった。
あとは素晴らしい結末が待っていることを願うばかりだ。


マラソン・ジョギングランキングへ