餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Start Line〜「おかえりなさい」松井秀喜

スポンサーリンク

まずは、心から、おめでとうと言いたい。
何しろ1768戦も休まず公式戦に出ていた男が、4ヶ月近くも休んでいたのだから、一日千秋の思いだったに違いない。ただ、いくら心は昂ぶっても、実戦の感覚をすぐに取り返すことはなかなか難しいものだ。正直、2Aの試合では、それほど本調子に見えなかったことから、少し心配もしていたのだけれど、何と、復帰早々4安打。流石というしかない。
インタビューでは、「ピンストライプのユニホームを着てヤンキースタジアムでプレーする」ことが、いい方向に繋がったというコメントをしているけれど、その思いをすぐに結果として示せることが、大スターの証だ。
さぁ、これだけ結果を残せば、レッドソックス戦での出場も確実だろう。折角僕は、この時期にNYへ行くのだから、松井秀喜の雄姿を見ないわけにはいかない。問題は今の時点でもまだチケットが確保できないことだ。この、松井の活躍で、さらにプラチナチケットになることは必至で、焦っているのだけれど…
(MAJOR.JP)


マラソン・ジョギングランキングへ