餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

au「PENCK」ファーストインプレッション

スポンサーリンク

もう何度も書いていることなので、読み飽きている人がいるかもしれないが、
僕は、auのINFOBAR(ICHIMATSU)を使っている。


これが発売された時、僕はまさに秒殺で虜にされてしまった。
それまではNTTドコモの携帯を使っていたから、キャリアの乗り換えと
いう大きな障壁があったのだが、そんなことを全く苦に感じないほど、
僕は、その魅力に嵌ったのだ。


INFOBARのいったい何に惚れたのか。


それはもちろん、あの斬新なデザインだ。
薄型ストレートのシンプルなフォルムと、キーボードライクのボタン部分までをも
トータルにコーディネイトした絶妙の配色。
バリエーションとして、男女で使い分けができるように(かどうかは知らないが)
紅白バージョンの「NISHIKIGOI」と白黒バージョンの「ICHIMATSU」を用意したのも
素晴らしかった。



携帯は、毎日持ち歩くものなのだから、デザインはとても重要である。
そんな当たり前のことなのに、INFOBARの登場までは誰も、そんなことを
テーマにしていなかったのが、今更ながら不思議に思う。
INFOBARは、auからの提案である「au design project」の一環として生まれたもの
だが、このコンセプトは実に素晴らしいと思うし、かつ、それを単なるアイデア
だけに終わらせることなく、見事なまでに商品化にまで昇華(実はこの段階が一番
大変な筈だ)させたauには、拍手を贈りたい。



僕は、INFOBARに乗り換えるまで、ドコモの、よくありがちな二つ折り携帯(確か
N501iだったと思う)を持っていたのだが、正直、実用性以外の魅力を感じたことが
なかった。
ポケットの中でも嵩張るので、時々、持ち歩くのを苦に思えた時もあったぐらいだ。
しかし、携帯をINFOBARに替えて以来、僕はそれを一度も感じることがなくなった。



それほどまでに惚れた携帯だから、当分、このまま続けて使うつもりではいたのだが、
携帯としてのスペック不足が正直、気になってはいた。
カメラはついているものの30万画素しかないし、CDMA1X-WINでないため、今のauの
売りとなっている、EZ着うたフルや、ダブル定額に対応していない機種であるのも
ちょっと悔しい。


ただ、この点を差し引いても尚、僕の中ではINFOBARの魅力は薄れず、乗り換える
気持ちには至らなかった。
もしも乗り換えるなら、相当な魅力を持った機種でなくては。
だから、「au design project」の次回作には常に期待をしていたのだ。


満を持して発売されたと思えるのが、昨年暮れに出たTalbyだが、これには僕は
全く魅力を感じなかった。
ストレートフォルムのデザイン重視端末だから、路線としてはINFOBARの
流れを継いでいる筈だ。
しかし、斬新さではINFOBARに劣るし、薄さも軽さも大差ないうえ、CDMA1X-WIN
非対応となれば、乗り換える理由がない。
ということで、これの見送りには全く躊躇しなかった。
いかに世界的なデザイナーが作ったとは言え、僕には、それほどのものとは
どうにも思えなかったのだ。


しかし、唐突に発表された(と僕には思えた)今回の「au design project」
新機種にはちょっと惹かれた。
以下にプレスリリースの内容を転載してみよう。


「CDMA 1X WIN」の先進機能を搭載した「au design project」モデル第4弾
「PENCK (ペンク)」の発売について


KDDI、沖縄セルラーは、自由なアプローチでこれまでにない魅力とアイデアを備えた携帯電話を提案する「au design project」モデルの第4弾として、世界的に有名なグラフィックデザイナー/アートディレクターのサイトウマコト氏のデザインによる「CDMA 1X WIN」対応の携帯電話「PENCK」を本年2月下旬より全国で順次発売します。
「PENCK」の特長は、以下のとおりです。

●1. デザインおよびカラーリング


最新の加工方法を駆使し、出っ張りのない究極のオーバルフォルムを実現しました。ボタンやカメラがボディと一体化し、柔らかな丸みを帯びた個性的なフォルムは、独特のカラーとあいまって、今までにない質感と圧倒的な存在感を放っています。
カラーリングは、内蔵アンテナの電波受信感度に影響を与えない、特殊なメッキ蒸着塗装により、世界で初めて携帯電話で全面メッキを実現した「メタル」をはじめ、サイトウマコト氏のカラーイメージを忠実に再現し、豊かな光沢でソリッド感の高い「ミルク (ホワイト)」「ビター (ブラック)」の3色を用意しました。
また、業界初の白色ACアダプタを採用し、卓上台、ステレオイヤホンも白色に統一するなど、本体はもちろん、周辺機器の細部に至るまで完成度を高めました。
「PENCK」の名称は、サイトウマコト氏が命名したもので、音の響きのかわいさ、自由さ、フリーハンド感をイメージしています。

●2. 画面デザイン


サイトウマコトデザイン室がデザインした「起動画面」「メニュー画面」「待受画面」「各種アニメ」などを、FlashRを用いてグラフィカルに表現。本体デザインとあわせ、統一した世界観をつくりだしています。

●3. サウンドデザイン


サイトウマコト氏のディレクションのもと、全ての着メロと効果音を新たに作成しました。
オリジナリティあふれるフォルムにふさわしい、ユニークなサウンドをお楽しみいただけます。

「PENCK」は、3Dサラウンドのステレオスピーカーを搭載し、EZ「着うたフル」を高音質でお聞きいただける他、EZナビウォーク、バーコード (QRコード)、FlashRにも対応しています。さらに、高精細2.2インチQVGA液晶、124万画素CCDカメラ、セキュア対応のminiSDメモリスロットを搭載するなど、卓越したデザイン性だけでなく「CDMA 1X WIN」の先進機能も兼ね備えた携帯電話です。

ということで、一読興味を覚えた僕は、下記のスペシャルサイトで、食い入るように
この新機種を研究した。

http://www.au.kddi.com/au_design_project/seihin/PENCK/


ストレート端末ではないが、従来の無骨な二つ折り携帯とは一線を画しているような
流線型のフォルムがいい。
ソリッドに光るシルバーが実に美しく、もはや標準仕様ともいえる外面の液晶を
「あえて」外してまでデザイン性にこだわった点にも好感を覚えた。


今回はCDMA1X-WIN対応機でもある上に、バーコード (QRコード)、FlashR対応、
124万画素CCDカメラ、セキュア対応のminiSDメモリスロットまで搭載していると
なっては、見過ごすわけにはいかない。


しかし。自分の中で結論を出すのは簡単だった。


今回も、INFOBARからの機種乗り換えは行わない。
確かにCDMA1X-WINをはじめとする先進機能は魅力であるが、デザインと操作性は
やっぱり、現INFOBARの方が数段勝っていると感じたからだ。
ただ、僕は、携帯も場合によって(同じ番号で)使い分けができればいいと感じて
いて、もしもそれができるのならば、今回8:2ぐらいの割合でPENCKを使って
みたいなぁ、と思ったりした。
携帯使い分けは、実現したらニーズ高いと思うのだが、実際はどうなのだろうか。
同じ番号を使うとなると、「どっちの電話にかかってくるんだ?」という問題など
あるのかもしれないが、デフォルトで優先受信する端末を決めておけばクリア
できるのではないかと思う。



PENCKについて、若干のおせっかいな(というか、言い掛かりか?)不満も
ひとつ。PENCKというネーミングはちょっといまいちではないか。
ニュースリリースによれば、「音の響きのかわいさ、自由さ、フリーハンド感」を
イメージしているとのことだが、《ぺんく》という響きに「かわいさ」や「自由さ」
なんて感じられるか?ましてや、フリーハンド感って、何のことかよくわからないぞ。
専用サイトでは「PENCK」の「N」が反転文字(ロシア語か?)になっているのも
何のことやら意味不明で、違和感を醸し出しているだけのような気がする。


マラソン・ジョギングランキングへ