餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

吉野家「牛焼肉丼」

スポンサーリンク

池袋北口の吉野家で。まだテスト販売中という牛焼肉丼を食べた。
店内には「当店限定」という張り紙もあった。
牛肉の量はたっぷりある。色艶がよく、いかにもおいしそうだ。
ということで、大いに期待して食べ始めたのだが…

うーん。

決してまずくはない。けれど。
『うまい』というより『甘い』という感想が先に立つ。タレの甘さだ。
悪く言えば、タレの甘さで全てをごまかしているような味だ。
肉は固めで、確かにこの肉では普通の牛丼は作れないのだろう、と
いうことは納得できる。でもその結論が、この牛焼肉丼というのは
やっぱり納得できない。
牛カレー丼でも牛鉄鍋膳でも感じた割り切れなさが、この新メニューでも
残ったままになってしまった。


どこかで食べたような味だと思ったら、ちょっと大きめの立ち食い
蕎麦屋にありそうな味だった。
やっぱり吉野家は牛丼じゃなくちゃダメだよ。


これに420円払うのであれば、僕は、あと10円だけ足して「すき家」の
ハーブチーズ牛丼を食べるほうを選ぶ。
いまさらながら思うのだけれど、やっぱり牛丼が一番いい。
「すき家」にも「松屋」にもできることが、どうして「吉野家」には
できないのだろう。期待してるのになぁ。


マラソン・ジョギングランキングへ