餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

村上RADIOのある週末

スポンサーリンク

いよいよ、今晩だ。

2ヶ月に1度のお楽しみ、「村上RADIO」の第17回放送日である。

村上RADIOとは…?

村上春樹先生が、自らディレクターとなり、選曲をし、そして、それについて語ってくれるという、ファンにとっては夢のような番組だ。

村上主義者ハルキスト*1ならば、誰でも知っている番組だろうけれど、ファンでなくとも、音楽が好きな人であれば、きっと楽しめる。

番組のHPでは、過去の放送内容がテキストで詳細に書き起こされているので、読み応え十分。

これまでこの番組を聴いたことがない人は、まず、そのHPを読んで見て欲しい。

もしもそれで興味を持っていただいたなら、是非とも番組を聴いて欲しい。

番組では、もちろん音楽が流れるから、選曲の素晴らしさが堪能できる上、曲にまつわるエピソードも、文字で読むより断然心に響く。

そして何より、渋いトーンで語る村上春樹先生の肉声に、きっと痺れる筈だから。

f:id:ICHIZO:20200913024102j:plain

f:id:ICHIZO:20200913030619j:plain

今日、第17回目のテーマは、「5分で聴けちゃうクラシック音楽」とのこと。 

村上春樹先生と言えば、ジャズのイメージが強いのだけれど、この「村上RADIO」では、さまざまなジャンルの音楽を紹介してくださっている。

今回は、クラシック音楽と言うことで、先生がどんな曲をセレクトされるのか、また、それについてどんなコメントをされるのかが、実に興味深い。

僕は、今晩リアルタイムでは聞くことができないのだけれど、RADIKOOLで予約をしているから大丈夫。

明日の夜明けランで、それを聞き流しながら走るのが、楽しみで仕方ない。

【蛇足】

ちょっと紛らわしいのだけれど…。

[まとめ買い] 村上ラヂオ
 

この《村上ラヂオ》は、雑誌「アンアン」に掲載された、村上先生のエッセイを集めたもので、村上RADIOと全く関係ない。

毎回毎回、よくこんなに面白いネタを思いつくなぁ、そして書けるなぁと感服する、爆笑必至、珠玉のエッセイ集だ。

村上主義者には、「何を今更…」と言われそうだけれど、村上春樹ファン(特にエッセイファン)で、もしも未読の人がいれば、超オススメ。

*1:世間的には、村上春樹の愛読者を「ハルキスト」と呼んでいるが、村上先生は、この呼び方を好んでおらず、「村上主義者と呼んで欲しい」と、書いている。


マラソン・ジョギングランキングへ