餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

暮れゆく横浜港の空。色の変化を堪能しながら走った、みどりの日のスナップ

スポンサーリンク

 5月4日。みどりの日は、横浜港を走った。

僕は古い人間なので、未だに、「あれ?みどりの日って4月29日じゃなかったっけ?」とか、「5月4日は、国民の休日だったよなぁ?」とか思ってしまう。

ただ、Wikipediaの情報によれば、2005年の祝日法改正により、2007年以降、5月4日の「国民の休日」が「みどりの日」に上書きされたようだ。

どうやら、もう10年以上経つらしい。月日の経つのは早いものだ。

この日、僕は、あいにくの休日出勤を余儀なくされていたが、どうにか昼過ぎで解放してもらえる見込みだったため、ラン仲間からの提案に乗ることにした。

それは、「夕方の横浜港を走ろう!そして呑もう!」というものだった。

いやぁ、何とも魅力的ではないか。

ということで、僕は、何とか仕事を切り上げ、横浜まで出かけた。

横浜港は、僕の大好きなランコースのひとつだが、僕が走っているのは、もっぱら朝専門だったので、夕方の横浜を走るというのは未経験。

ということで、新鮮な気分を味わえると思い、とてもワクワクしていた。

ラン仲間と一緒に走り始めたのは、午後4時半ごろ。

まずは、大桟橋からスタート。

f:id:ICHIZO:20180510044521j:plain

この日は、休日と言うこともあり、桟橋の上は人だらけ。とても快適に走れる状態ではなかった。

ということで、ウォーミングアップがてら、写真を撮りつつゆっくり進む。

f:id:ICHIZO:20180510044818j:plain

みなとみらい地区は、沈みゆく太陽で逆光となり、暗い写真になってしまったが…。

f:id:ICHIZO:20180510044924j:plain

横浜ベイブリッジは綺麗に撮れた。

桟橋を降り、山下公園へ。

f:id:ICHIZO:20180510045036j:plain

ここも、人であふれかえっていた。

そんな人たちの中、さまざまなコスプレイヤーがいて、園内は大いに盛り上がっていた。

f:id:ICHIZO:20180510045122j:plain

f:id:ICHIZO:20180510045219j:plain

いったい、なんでこんなにコスプレイヤーが多いのだろうと思っていたのだけれど、あとで調べてみると…。

この日は、こんなイベントが開催中だったようだ。なるほど。

f:id:ICHIZO:20180510051229j:plain

山下公園内では、バラも咲き誇っていた。

f:id:ICHIZO:20180510051407j:plain

さまざまなコスプレイヤーや美しい花たちを、目の保養にしながら、僕らは、本格的に走り始めた。

f:id:ICHIZO:20180510051728j:plain

山下公園と赤レンガ倉庫地区を繋ぐ、山下臨港線プロムナード。

ここはまだ人が多かったけれど、それを抜けると、かなり走りやすくなってきた。

陸橋を降りてからは、たんたんと走り続けて…。

f:id:ICHIZO:20180510051944j:plain

僕の好きな場所。臨港パークへ。

ここはとっても空いているし、広くて走りやすい。遠くに眺める横浜ベイブリッジも美しい。

気がつくと、空の色は、青からオレンジに変化し始めていた。

f:id:ICHIZO:20180510052232j:plain

日本丸とコスモクロック。

横浜港を走る時は、いつも定点撮影しているのだけれど、夕景を撮るのは初めて。ちょっと新鮮だった。

f:id:ICHIZO:20180510052503j:plain

夕陽に映える赤レンガ倉庫。

スクリーンの周りに、沢山の人が集まっていた。

どうやら、ゴールデンウィーク限定で、こんな企画が行われていたようだ。

この日は参加できなかったけれど、もしもここで映画を見ていたら、素敵だったろうなぁと思った。

f:id:ICHIZO:20180510052908j:plain

象の鼻パークから見た、みなとみらいの夕景。暮れゆく空の色がとても素敵だ。

気がつけば、いつの間にか、10km超を走っていた。

横浜港コースは、とにかく楽しくて飽きないので、いつまでも走り続けていたくなる。

夜の横浜港は、ライトアップされるため、また違った情景が楽しめる筈。そこを走るのも、きっと最高だろうなぁ…と思ったが、この日のランはこれで終了とした。

この日、僕らが集まった目的は、横浜港ランだけじゃない。

その後に、重要な「第二部」が控えていたからだ。

(以下、続く。)

 

横浜港の七不思議 ―象の鼻・大桟橋・新港埠頭 (有隣新書65)

横浜港の七不思議 ―象の鼻・大桟橋・新港埠頭 (有隣新書65)

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ