餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

峠走の疲れが癒える!「しみず@山北」の餃子とラーメンとおもてなし

スポンサーリンク

(承前)

足柄峠走のベースステーションとなる、御殿場線山北駅から、徒歩30秒。

f:id:ICHIZO:20170910210921j:plain

駅舎の真横とも言える場所に、その店、「しみず」はあった。

先月、足柄峠を走ったラン仲間が、facebookにこの店のことをアップしており、感激していたことを思い出したので、僕も訪れることにしたのだ。

僕は、友人の訪問レポートを読むまで、恥ずかしながら、この店の存在に気がついていなかった。

もう、足かけ7年も山北駅に通い続けているというのに、駅のすぐそばにあった店を見逃していたのである。痛恨。

僕は、撃沈した峠走で心身ともに疲れていたし、すぐにでも休みたかった。

5分後の電車を見送れば、その次が来るまでは1時間近くあるので、時間は十分。

ということで…この店へ入ることに決めた。

f:id:ICHIZO:20170910210939j:plain

入口には、バラエティに富んだメニューが書かれていた。

これだけだと少し迷ったかもしれないが、友人の声などから、餃子があることは予習済だったので、安心して(?)入店。

f:id:ICHIZO:20170910210951j:plain

店内は広々としており、昭和の香りが漂う、落ち着いた空間。

先客には、登山にきたらしい年配の4人組がいて、楽しそうに食事をしていた。

f:id:ICHIZO:20170910211823j:plain

 僕は、店内に掲げられていたメニューを見渡し、まずはビールと…。

f:id:ICHIZO:20170910211840j:plain

もちろん、餃子を注文することにした。

オーダーを取りに来た店員は、非常にはきはきした、声の通る女性。

僕の注文に、「はい。わかりました!」と、明るく応えてくれた時から、感じがいいなぁと思ったのだけれど、その第一印象は、間違いではなかった。

「峠を走っていらっしゃったんですか。」「お疲れさまでした」などと、僕に優しく声をかけてくれ、それだけでも嬉しかったが、さらに、こんなエピソードも加わる。

先客だった4人組が食事を終え、店を出る際のこと。

初めてこの店を訪れたような客らしい客たちに、「登山、楽しんでくださいね。」「お気をつけてくださいね。」などと声をかけ、「どうもありがとうございました!」と大きく頭を下げた後、入口のドアを引いて開け、送り出した。

いやはや、なかなかできることじゃない。僕は、非常に好感を持った。

そんな情景を見ながら、しばし、居心地の良さに浸っていると、「お待たせしました!」という明るい声とともに…。

f:id:ICHIZO:20170910211116j:plain

ビールが来た!

峠走後、そして温泉後のビール。美味しいに決まっている。

そして…。

f:id:ICHIZO:20170910211857j:plain

焼餃子が来た!

小ぶりな餃子だけれど、値段(350円)を考えれば悪くない。焼き色もこんがり綺麗で、魅惑的だ。

f:id:ICHIZO:20170910211930j:plain

実食。

皮がさくさくで、ニンニクのガッツリ効いた野菜系餃子。下味はあまりついていない感じなので、酢醤油でオーソドックスに食べる。

めちゃめちゃ美味しいってわけではないけれど、僕好みの味だったし、峠走で疲れた身体に効く餃子だと思った。

僕は、しばし餃ビーに酔いしれながら、この後はどうしようか…?と少し考えた。国府津の餃子ショップへ行って、餃子ハシゴもいいかなぁ…などと思ったのだ。

しかし、次の電車が来るまで、まだ時間がたっぷりあったし、とにかく居心地のいい店だったので、餃子だけ食べて帰るのはちょっと勿体ない気がした。

ということで、いつもの餃子とビールに加えて、もう1品食べてみようと思った。

食べログなどでの口コミを見ると、皆がこぞって「カツ丼」推し。その日も、先客の4人組や、その後に入ってきた客たちが、皆、カツ丼を注文していたので、とても気になった。

しかし、餃子とビールのあと、カツ丼を食べるのはちょっと重たいし、この時点では、国府津での餃子転戦も頭によぎったので、少し余裕を残しておきたかった。

ということで、今回は、カツ丼の次に口コミの評判が良かったラーメンを注文することに。

厨房の中にいた店員の女性を呼ぶと、「はい。ありがとうございます」という明るい声とともに現れ、僕のオーダーを受けつけてくれた。

f:id:ICHIZO:20170910211951j:plain

ラーメン登場。

非常にシンプルなビジュアルで、素朴な醤油ラーメンという趣だったが、いやはやどうして、これが侮れなかった。

なんと言ってもスープが旨い!ちょっぴり甘くて、実に味わい深かった。峠走後の疲れた胃にはぴったりで、実に癒やされる味。

f:id:ICHIZO:20170910212012j:plain

麺の口当たりも良いし、厚切りのチャーシューも美味しい。

僕は普段、あまりラーメンを食べないので、有名店などとの比較はできないけれど、個人的には大いに満足した。

ラーメンを食べ終え、しばし、その余韻に浸っていると、店員の女性が、僕に次のように声をかけた。

「まだ時間はございますか?アイスコーヒーをお飲みになりますか?」

僕が、ちょっと驚いて、「は、はい。」と答えると、すぐに厨房へ向かい…。

f:id:ICHIZO:20170911054358j:plain

これが出てきた。

「お代は…?」と尋ねると、「いえ、サービスなんです。」と笑顔でひとこと。

そういえば、他の客たちも、皆アイスコーヒーを飲んでいたような気がした。これは、サービスだったのか。

メニューにも、店内にも、どこにも書いていない心づくし。僕はまたしても嬉しい気分に浸った。

気がついたら、あっという間に1時間が経過しようとしていた。次の電車の時間が迫っている。

これを逃すと、また1時間待たなければならなくなるので、僕は、店を出ることにした。

店員の女性に、会計したい旨声をかけると、明るく響く声で「かしこまりました。ありがとうございます」と応えてくれた。

僕が帰る際にも、僕ひとりのために何度も頭を下げてくれ、さらに、やっぱりドアを引いて送り出してくれた。

この女性だけじゃなく、厨房の奥で料理をしていた女性も、「ありがとうございます」という声とともに、頭を下げてくださっているのがわかった。

いやはや、なんと感じのいい店だろう。

僕は、峠走で沈んだ思いと疲れた身体が、大いに癒えるのを感じながら帰路についた。

そして、今度峠走に行く際も、絶対に寄ろう、そして、今度は絶対にカツ丼を食べよう!と心に誓った。

 

本日も餃子日和。

本日も餃子日和。

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ