餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

足柄峠走、リベンジ失敗…。

スポンサーリンク

時は、先週末に遡る。

僕は、またしても足柄峠を訪れた。

北海道マラソンの悔恨記で書いたように、今の僕は、スピード練習が全くできない身体になっていて、それを補うためには、峠の力を借りる必要があったからである。

足柄峠は、僕の家から決してアクセスのよい場所ではなく、片道2時間以上かかるが、それだけの価値は絶対にある。

僕は、もう、かれこれ足かけ7年も通い続けており、間違いなく、マラソンにおける僕のステージを1つ上げてくれた場所。

だから、ランニングで行き詰まったり悩んだりした時は、迷わず峠と決めているのだ。

僕は、北海道マラソンの2週間前、山の日にも峠走を行っているが、不満足なランになってしまったため、そのリベンジの意味合いもあった。

峠走のランニングステーションとなる山北健康福祉センターは、開館時刻前から、ランナーの行列で賑わっていた。

f:id:ICHIZO:20170910161710j:plain

午前8時半過ぎ。

鉄道公園のSLと、野良猫に見送られながら(?)峠の麓を出発。

f:id:ICHIZO:20170910162305j:plain

中腹の気温は19℃。

ただ、ここから気温がぐんぐん上がって、下りの時に振り返って確認したら22℃になっていた。

この日、僕は、早朝から走ったからまだ良かったが、昼から走った人などはかなりきつかったんじゃなかろうか。

f:id:ICHIZO:20170910161745j:plain

麓から12km走って…頂上の足柄万葉公園に到達!

3週間前と同様、残り3kmは、這々の体で上った。体力もスピードも、やっぱり大きく落ちていることを痛感。

山頂はくっきりと晴れていたので、今日は、富士山が見える!と、思ったが…。

f:id:ICHIZO:20170910161802j:plain

ちょうど富士山のところだけ雲がかかっていた。残念。

一息ついて、さぁ、下りへ。

峠走の素晴らしいところは、上りが本当に苦しい分、下りが「楽に感じる」ことで、さらに、心肺に負担をかけずにスピードを出せること。

…なのだけれど、今の僕は、やっぱり下りのスピードも出せなくなっていた。

f:id:ICHIZO:20170910161942j:plain

下りコースは13km以降。

傾斜10%超の下り坂を駆け下りているにも関わらず、その最高ラップは、キロ4分50秒止まり。

山の日に走った時は、その最高がキロ4分42秒だったので、さらに落ちている。

去年までは、キロ4分を切るラップも出せていたのに、この落ち込みは酷すぎる。いやはやどうにも情けなくて、泣けてきそうだ。

最後のバテ方が少しマシになったので、トータルラップは前回より僅かに良いが、それでもキロ6分を超過。

うーん、これは、根本的にガタがきているのかもしれないなぁ…。

f:id:ICHIZO:20170910161822j:plain

それでも何とか下山。

いつものように、「さくらの湯」で汗を流してみたものの、僕の心は晴れなかった。

f:id:ICHIZO:20170910161910j:plain

心身ともに疲れて、山北駅へ。

時刻は午前11時40分過ぎ。上り方面行きの電車が、あと5分程度で到着する時間になっていた。

御殿場線は非常に本数が少なく、1本逃すと、1時間程度も待たなくてはいけないから、僕は、すぐにホームへ向かう予定だった。

前回の峠走時に感動した国府津の餃子ショップにでも行って、憂さを晴らそうか…と考えていたのだけれど、その寸前で気が変わった。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ