餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「東京ウルトラマラソン 2018」エイドレポート

スポンサーリンク

東京ウルトラマラソンの魅力は数多あるが、なんと言っても、エイドの充実ぶりが素晴らしい。

今回、暑さの中でもロングランできたのは、まさに、「エイド」に助けられたおかげだと思う。

僕が走った距離は、ハーフの部なので、公称56km*1だけれど、このイベントには、100kmの部、100マイルの部も設定されており、それも含めると、エイドスタッフの方々は、夜を徹して対応してくださっているのだ。

長時間の対応と移動*2で、とっても疲れているだろうに、ランナーを優しくねぎらい、次々と、色々な食べ物や飲み物を、笑顔で提供してくれるスタッフの方々。

道中、それにどれだけ救われたろう。感動と感謝の思いが尽きない。

今回は、そんなエイドの素晴らしさを書き残しておくことにしよう。

第1エイド:渋谷(9km地点)

f:id:ICHIZO:20180529051339j:plain

渋谷駅近くの、ちょっとした公園に、そのエイドは設置されていた。

スタートしてから、まだ10kmも経っていないのに、手作りの惣菜パンや、野菜スティック、ゆで卵、温泉玉子なども用意していただいていた。

いやはや、何という充実ぶり。通常のマラソン大会では考えられない。

僕は、まだお腹が空いていなかったので、お菓子類をいただき、飲み物も補給して、先に進むことにした。この時点では、まだまだ僕は元気だったのだ。

そこから、約8km程度走り続けて…。

第2エイド:世田谷城址公園(17.1km地点)

f:id:ICHIZO:20180529051942j:plain

f:id:ICHIZO:20180529052057j:plain

お菓子類が充実。

亀井商店のドライフルーツが美味しかった。全体の中では、ちょっとコンパクトなエイドだったが、それもその筈…。

ここからは、たった3.9km走っただけで、次のエイドが用意されていたからだ。

第3エイド:希望丘公園(21.0km地点)

f:id:ICHIZO:20180529054346j:plain

ちくわ胡瓜、プチトマト、漬物、沖縄もずく…。

ちょっとビールが飲みたくなるようなラインナップ。しかし、もちろん飲むわけにはいかないので、ソフトドリンクとともに堪能し、次のエイドを目指して(^0^;)進んだ。

この時点では、まだ朝9時台だったのだけれど、日差しが強く、かなり暑くなってきていた。

次のエイドまでは、8.7km。

日陰が全くない河川敷コースに突入し、僕らの身体は結構応えてきていた。

ただ、ラン仲間たちのトークに救われ、僕は笑顔でエイドに辿り着くことができた。

第4エイド:二子玉川(29.7km地点)

f:id:ICHIZO:20180529055900j:plain

冷えた胡瓜!パイナップル!いやぁ、美味しかったなぁ。

氷がたっぷり入ったレモン水もあり、火照った身体によく効いた。

写真を撮り忘れてしまったが、手作りのカツサンドなども用意していただいていた。

f:id:ICHIZO:20180529060212j:plain

日差しを遮る場所に設置していただいていたこともあり、僕らは、このエイドに、かなり長居をしてしまった。

本当は、いつまでものんびりとしていたかったのだけれど、関門もあるイベントなので、そうもいかない。

ということで、記念写真を撮って出発。

次のエイドまでは、5.7kmだったが、途中、「驚き計画」ゾーン*3で骨休めもできたので、あっという間に到着。

第5エイド:駒沢公園(35.4km地点)

f:id:ICHIZO:20180529060716j:plain

次のエイドは駒沢公園だったが、その園内には入らずに、外側、ガード下に設置されていた。

f:id:ICHIZO:20180529060835j:plain

ここでは、冷たい味噌汁が提供された。いやはや、これがとても美味しかった。

焼き鳥、玉子豆腐、冷や奴など、しょっぱい系のモノと…。

f:id:ICHIZO:20180529060959j:plain

ドライフルーツ、ベビーカステラ、そして、冷たいスイカ!などの甘味系がバランスよく用意されていた。

汗をかいて疲れた身体には、塩分も糖分も、両方必要。

まさに、完璧なエイド食だ。

次のエイドまでは6.4km。

ペースもすっかり落ちていたが、エイドのおかげでスタミナは補給できていたので、僕らは、いつの間にかそこに辿り着いていた。

第6エイド:白金台(41.8km地点)

f:id:ICHIZO:20180529061619j:plain

41.8km地点。

実測値では、43kmを超えていたので、もはやフルマラソン以上の領域に到達。

それだけに、おにぎりや稲荷など、ガッツリ系の食べ物が食べられたことはとても嬉しかった。

水ようかんやマンゴープリンなど、甘味も充実。

ここのエイドでも結構長居をしてしまったかもしれない。

残るエイドは、あと1つ。

僕は、久しぶりのロングランと猛烈な日差しで、身体はかなり疲労困憊になっており、あとは、そのエイドだけが心の救いだった。

このイベントに用意されている、最大最強のエイドなので、それを心の支えに頑張るつもりだったが、その前に、大きな壁が待ち受けていた。

(以下、続く。)

*1:実測では59kmあったと思う。

*2:各ランナーの動きに合わせて、エイドポイントを移動して対応してくださっている。

*3:一体何が驚きだったのかについては、あらためてエントリー予定。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ