餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

下板橋「点心」の昭和空間で味わう、餃子&ビールの幸せ

スポンサーリンク

ずっと、気になっていた店だった。

f:id:ICHIZO:20180421143504j:plain

東武東上線で池袋から2駅目。「下板橋駅」下車徒歩1分。

駅を降りてすぐの場所、車窓からも見える場所に、その店は存在している。

最高の立地にあるため、見つけることは容易だったのだけれど、いざ、店の近くに行ってみると、ちょっと躊躇した。

一見、営業しているかどうかわからなかったからだ。

f:id:ICHIZO:20180421144236j:plain

いやはや何とも、汚い趣がある店構え。

隣のコーヒーショップ「ルーエ」は完全に閉店状態だったので、それがまた、切なさを増幅させている。

僕は、出直し?閉店?と、覚悟しながら近づいてみると…。

f:id:ICHIZO:20180421150602j:plain

一応、営業はしているようだった。

店頭に放置されている、段ボールや出前箱などのオブジェは気になるものの、店内の灯りはついていて、外から覗くと、先客もいた。

店のドアに書かれた「ラーメン三七〇円」の文字が印象的。

安いなぁ…という思いとともに、「いったいいつから書かれているんだろう?」という疑問が募った。

f:id:ICHIZO:20180421151526j:plain

入口のドア横に掲示されていた、オススメ品の数々。

どれもこれも安いのだけれど、何だか不安に感じてしまうのは何故だろうw

ただ、ここまで来た以上、もう、後戻りはできない。ということで、勇気を出して(と言うほど大袈裟なものじゃないけれど)入店。

f:id:ICHIZO:20180421151708j:plain

店内は、意外にも(失礼)それほど、汚い感じはしなかった。

カウンターが8席程度あるほか、店の奥には、ちょっとした座敷があって…。

f:id:ICHIZO:20180421151847j:plain

常連と思わしき人がゆったりのんびりくつろいでいた。

僕は、やおらカウンターに座り、そこに用意されていたメニューを眺めてみる。

f:id:ICHIZO:20180421152226j:plain

看板メニュー?で格安のラーメンを含め、どれもこれも良心的な価格。昭和価格と言ってもいいかもしれない。

ところどころ、手書きで修正されているところが、また昭和チック。

f:id:ICHIZO:20180421152419j:plain

裏面は、定食類になっていた。

これもまたリーズナブルで、色々と目移りしたが、僕の心は決まっていた。

f:id:ICHIZO:20180421152754j:plain

もちろん、これを注文するのだ。

ポスターまで作っているぐらいだから、店のオススメであることは間違いないし、しかも安い。

「サクサク、ジュワーッ、クセになる快感」とまで言われて我慢できるものか。

もちろん、そんなことを言われなくても、我慢するつもりなどなかったのだけれどw

料理類の安さに比べて、ビールはそれほどリーズナブルじゃないなぁ…と思ったが、「餃子とビール」は、最強のコンビネーション。

それを見せつけられてしまっては、注文する一手。

f:id:ICHIZO:20180414120608j:plain

ということで、まずはビールがやってきた。

餃子が焼き上がるまでは、ちょっと時間がかかりそうだったため、ビールのアテとして、別途ニラ炒めを単品で注文。

f:id:ICHIZO:20180421153619j:plain

あっという間に出てきた。

ちょっとした一品なのだけれど、しっかりとした濃いめの味付けで、とてもビールに合う。

昼間から飲むのも悪くないなぁと思いながら、昭和空間でくつろいでいると、ほどなく、僕にとっての主役が眼前に現れた。

f:id:ICHIZO:20180421154718j:plain

餃子来たーっ。

こんがりと、美しい焼き目がついていて、食欲をそそられる。

f:id:ICHIZO:20180421154940j:plainiPhone SEとのサイズ比較。

それほど大きくはなく、餃子チェーン店なみのサイズ。まぁ、280円という価格も含めて考えれば、妥当、という感じがする。

f:id:ICHIZO:20180421155210j:plain

具は野菜中心で、ニンニクも効いている。

下味は殆どついていないので、オーソドックスに酢醤油で食べるのが合うと思った。

いわゆるラーメン屋の餃子…と言った感じで、特筆すべき味ではない。

ただ、昭和にタイムスリップしたような空間で、ビールとともに味わうと、なんだか懐かしいような気持ちになった。

気がつくと、店は満員になっていて、皆、こぞって、リーズナブルな麺類や定食を注文。満足げに食べている。

昼間からビールなどを飲んでいるのは僕だけで、激しく浮いた状態。

ここは、定食を味わってこその店なのだ、きっと。

ただ、夜に訪れたらまた違うのだろうし、他にも色々気になるメニューがあった。

昭和の時代が懐かしくなったら、また訪れてみようと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ