餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

サロマウルトラ2017慰労…会で甦ったあの日の悔恨

スポンサーリンク

楽しい筈の、会だった。

f:id:ICHIZO:20170714044427j:plain

少なくとも、乾杯の時はそう思っていた。

気が置けないラン仲間たち、大好きな中華料理の宴。そのシチュエーションは申し分ない。

ただ、その会の名目が、「サロマ慰労会」となると話は別。

毎年、僕はこの会を楽しみにしてきたが、今年は、そんな心境になれなかったからだ。

いや、もちろん、楽しい会だったのだけれど、それと同時に、ラン仲間と話を進めるたび、あの日の悔しさが、何度も何度も甦ってきて、切なくなった。

昨晩集まったメンバーは14名。うち、あの日のサロマ100kmを走ったメンバーは7名だった。完走者4名と、リタイア3名…。

悲しいことに、泣けてくることに、僕は後者のひとりだった。

僕は、サロマ不出走のラン仲間から、「今年はいったいどうしたの?」という言葉を、何度もかけられた。

そのたび僕は「大雨だったから」「寒かったから」「低体温症の症状が出てしまったから」と繰り返す。

しかし、そんな言い訳をしながら、ちょっと違うとも感じていた。

そうじゃない。単に僕が弱かっただけだ。もう少し頑張ることができた筈なのに、僕は、雨と寒さを言い訳に、自分との戦いに負け、勝手に幕を下ろしていたのだ。

悔しい、悔しい。悔しくてたまらない。

f:id:ICHIZO:20170714051947j:plain

ラン仲間が毎年作成してくれる、サロマ星取り表。

数字は完走回数、黒丸はリタイア、ハイフンは不出走になる。僕は、毎年この表を眺めるのを楽しみにしていたのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20170714052157j:plain

今年は、痛恨の黒星。今後、この星取り表に、永遠に残る黒星だ。

ここまで5年は、いい感じでタイムを出せていたのになぁ…。

と。

見苦しい愚痴はここまで。自分で読んでいてもなんだか嫌になるので、口直しに(?)昨日の料理写真を並べておこう。

どんな気分であっても、写真だけはしっかりとっておくのが、泡沫ブロガーの性なのかもしれないw

f:id:ICHIZO:20170714052948j:plain

前菜四種盛り合わせ。

f:id:ICHIZO:20170714052834j:plain

黒酢酢豚。この店の看板メニューのひとつ。

カリカリ感とジューシーな肉の味わいが絶妙。最高に美味しい。

f:id:ICHIZO:20170714053203j:plain

トマトと卵の炒め。ほんのり甘くて優しい味。

f:id:ICHIZO:20170714053339j:plain

ほうれんそうとピーナッツの炒め。黒酢が効いた、独特の味わい。

f:id:ICHIZO:20170714053523j:plain

麻婆茄子。肉味噌風味の甘めな味付け。箸が止まらなくなる。

f:id:ICHIZO:20170714053749j:plain

締めの焼きそば。具だくさん。特に海老が美味しかった。

この店は中華料理店なので、もちろん餃子もあるし、僕は餃子ランナーなのだから、食べたに決まっている。

f:id:ICHIZO:20170714053940j:plain

そもそも、この店の餃子は、黒酢酢豚と並ぶ看板メニューのひとつなのだ。

では、なぜ、餃子写真がないのか?と言われるかもしれない。

餃子のことだけは、サロマの悔恨を振り払って書きたい気分なのと、ちょっとした趣向(?)もあるので、別エントリーにさせていただこうと思う。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ