餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

神戸三宮餃子・駆け足レポート(その2:さんプラザ「好再来」の焼餃子)

スポンサーリンク

僕は、意気揚々と「唐子」を出て、次の店へと向かった。

約束の商談時間までは、まだ1時間以上ある。もう1軒は行ける筈だ。

ただ、問題は、ノープランだったこと。今回の出張は突然決定したため、僕は、神戸の餃子店探しをしている時間がとれなかったのである。

5年前の神戸出張は、元町付近で商談だったため、南京町の有名店である「ぎょうざ苑」を訪問。

南京町では、いくつか他の店も見つけていたため、そこに行けば話は簡単。

しかし、今回の商談場所は、神戸三宮から数駅の場所にあったため、南京町まで足を伸ばす*1のはちょっと危険だった。

ということで、僕は、三宮周辺で店を探すことに決めた。

行き当たりばったりではなかなか厳しい…と思っていたのだけれど、駅の近くに、巨大なショッピングセンターを発見。

その地下が食堂街になっており、中華料理店も数多く入っているようだった。

よし、それならば、きっと餃子が「売り」の店もある筈だと思い、細かい情報検索などをしないまま*2、ふらりと地下を彷徨った。

すると…。

f:id:ICHIZO:20181228054246j:plain

こんな店を発見。

香港風中華料理「好再来」。「ギョーザ(味自慢)」という提灯は、既成のものだと思うけれど、それでもやっぱり目を惹いた。

f:id:ICHIZO:20181228054313j:plain

店の入口には、ズラリと、リーズナブルな定食メニューが並んでいた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20181228054341j:plain

おすすめ料理として、焼餃子の看板もあった。その値段は280円。安い。

フォントがちょっと怪しい感じだったし、隣の「チョりソ」(なぜか、「り」だけひらがなw)という表現も気になったが、まぁ、中国系の店ではよくあること。

きっと、それだけ本格的な中華料理が食べられるのだろう(ホントか?)と思い、入店してみることにした。

f:id:ICHIZO:20181228054409j:plain

店内の情景。

絶えず中国音楽が流れていて、《香港風中華料理》店のムードを醸し出していた。

f:id:ICHIZO:20181228054439j:plain

 店内にも焼餃子の看板。曰く

「美味しくなったこだわりの手つくりのジューシー餃子」

とのこと。日本語的にはちょっと微妙で、むず痒い感じがするが、まぁ、言いたいことはわかる(^^;

僕は、すでに「唐子」で餃子12個を食べているため、ここでは餃子のみにするつもりだった。

が、流石に280円の料理ひとつだけというのは、ちょっと申し訳ないように感じ、軽めの前菜だけでも頼んでおくか、と思った。

f:id:ICHIZO:20181228054502j:plain

ということで、このメニューの中から物色し…。

f:id:ICHIZO:20181228054533j:plain

ザーサイの和え物を注文。

結論から言うと、はっきり言って美味しくなかったw

ザーサイの値段は380円。焼餃子よりも100円高い料理だったので、ショックが大きい。

決して法外な値段というわけではないから、これも勉強料なのだと自分に言い聞かせたが、不安は募る。

餃子の味も同じレベルだったらどうしよう…という不安だ。

待つこと数分。

f:id:ICHIZO:20181228054604j:plain

餃子が出てきた!

いかにも「冷凍物の既製品を焼きました!」という感じのビジュアルで、僕は、不安が的中してしまったかと思った。

f:id:ICHIZO:20181228054629j:plain

中身もスカスカ。

だから、一口囓った段階では、

「美味しくなったこだわりの手つくりのジューシー餃子」

じゃないだろ!と、文句を言いたくなった。

ただ、味わっていくうちに、僕の不満は消えていく。

その具は確かに寂しい感じだったが、タマネギがいい仕事をしているのだ。

ちょっと甘くて、しっかり味もついている。意外と悪くないじゃないか。これで280円なら、コスパは十分だと思う。

余計なザーサイを頼んでしまったせいで、累計660円になってしまったのは、誤算だったが、僕はひとまず満足して店を出た。

商談の時間から逆算すると、僕は、あと数十分で駅まで戻っておく必要があった。
2軒の餃子で、とりあえずお腹も満たされたし、コーヒーでも飲んで少しだけ時間を潰しておくかなぁ…と、思いながら、僕は、さんプラザの食堂街を歩いた。

そして、自分が大きな失敗をしてしまったことに気がつく。

(以下、続くw)

*1:神戸三宮から南京町は、1km程度しかないので、走ればたいした距離ではないが、スーツ姿で歩いて行くにはちょっと面倒

*2:あとで考えれば、この判断が大きな間違いだったのだけれど、この時の僕は知る由もないw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ