餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜の河川敷、朝の河川敷…で、緩やかな回復を確認

スポンサーリンク

先週半ば、久しぶりに夜のランを行った。

僕は、平日、基本的に夜明けの時間に走るのが常なのだけれど、ちょうど仕事が早く終わったし、特に予定もない日だったから、たまには夜にも走ってみようと思った。

日が沈んでいるときに走る、と言う点では、夜明け前も夜も同じ…ように思われるかもしれないけれど、個人的には大きく違うと感じている。

家の近所でストリートランをする場合、夜明け前は、殆ど人通りがないため、自分のペースで自由に走れる。

しかし、夜のランは、違う。

歩道は結構人が多いし、さらに自転車もいる。無灯火で走っていたりする輩もいるから、気が抜けない。

さらに。

歩きスマホ、自転車スマホ*1の人たちも多いので、それを交わしながら走るのは、ストレスがたまる。

だからあんまり夜のランは好きじゃないのだけれど、それは近所で走った時の話。

歩行者や自転車の多い道が走りにくいのならば、それが多くない道で走ればいいのだ。

と言うことで…。

f:id:ICHIZO:20170801053804j:plain

気がつけばここに佇んでいた。

写真の画質が粗くてちょっとわかりにくいのだけれど、荒川河川敷の入口になる。

ヘッドライトも準備して臨んだが、思ったほど暗くなっておらず、結局使わなくても走れた。

f:id:ICHIZO:20170801053850j:plain

いつもの場所で定点撮影。

東京スカイツリーは、ライトアップされ綺麗に輝いていた。

そんなに暑くもなかったし、ランナーさえも少なくて、非常にストレスなく走れる環境…だったのだけれど、やっぱり身体は思うように動かなかった。

どうにもこうにも、尾てい骨回り、臀部の調子が良くない。ちょっとでもスピードを出そうとすると、痛みが邪魔をする。走っていても憂鬱になる。

そのため、予定では15km走るつもりだったのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20170801054120j:plain

12kmで断念…。

ペースも6分以上かかっている。途中、若干の写真撮影ロスがあったとはいえ、それにしても遅い。遅すぎる。

こんな状態では、本当に不安だなぁと思いながら過ごしていたのだけれど、翌日を休足日にあて、そのあとも軽くジョグ程度にとどめていたら、なんとなく身体が楽になったような気がした。

ということで、日曜日の朝、僕はもう一度河川敷に繰り出した。

f:id:ICHIZO:20170801054559j:plain

数日前と同じ場所で撮影。夜景もいいけれど、朝の情景も悪くない。

f:id:ICHIZO:20170801054649j:plain

同じく、定点ポイントでの撮影。

雲が多くて、スカイツリーが殆ど見えなくなってしまったのが残念だ。

ただ、この日はちょっと身体が動いた。

ほんの数キロ程度だけだけれど、最後はレースペースまで上げることができたので、収穫の多いランだった。

f:id:ICHIZO:20170801054838j:plain

15km。ペースはキロあたり5分38秒。

ベストには程遠い状態だけれど、ここ最近の中では一番いい。

今は全く無理する時期じゃないと思うけれど、でも、北海道マラソンまでは1ヶ月を切っている。

大好きな道マラで完走できるぐらいまでには、身体を整えておかなければならないので、緩やかでも回復の兆しが出てきたことは嬉しい。 

*1:これは本当に危ないし、許せない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ