餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Cyber-shot DSC-TX5で撮りまくった御堂筋の感激

スポンサーリンク

あの日。大阪マラソンコースの御堂筋で。

僕は、感激のシャッターを切り続けた。僕にとって、それは、長年願い続けた夢の瞬間だったからだ。

今を遡ること4年半前。

ひとり大阪マラソンを敢行した時の記憶が甦る。

僕は、3年連続で外れ続けた大阪マラソンが悔しくて、どうしても、大阪の地を走りたくなったのである。

f:id:ICHIZO:20171201034817j:plain

夜明けの時刻だったので、車が全く通っておらず、御堂筋はガラガラ。

僕は、この道のど真ん中を走り続けたい!という欲望に駆られたことを思い出す。

もちろんそれは自殺行為なので、何とか自制したけれど、いつか大阪マラソンで、その夢を実現したい!と願い続けた。

しかし、大阪マラソンは僕に冷たく、その後も3年連続落選。悔しくて悔しくて仕方がなかった。

だから、7年目にしてようやく、今年の出場が叶った時、僕はこの御堂筋の情景を、御堂筋を走れる感激を、何とか記録に残しておきたいと思ったのだ。

今回、そんな僕の願いを叶えてくれたのは…。

大阪マラソンレース時限定で、奇跡の復活を遂げてくれたCyber-shot DSC-TX5

とにかく軽くて小さいため、掴みながら走れるし、ピントもすぐに合うし、一瞬でシャッターが切れる。

「走りながら撮る」ことのストレスを、ほぼ感じることのないカメラだから、御堂筋の情景を撮るには、まさに、もってこいのガジェットなのである。

f:id:ICHIZO:20171201042154j:plain

大阪マラソンスタート直前。

スタート位置が結構近いように見えるのは、ズーム撮影効果によるもの。

TX5は、超コンパクトながら4倍ズームを有しているので、本当に素晴らしい。そういった点も、スマホにはできない魅力だ。

号砲!

f:id:ICHIZO:20171201042442j:plain

ランナーたちは、報道陣のカメラに向かって感激を表しながら走り始めた。

そこからしばらくの間、僕は、写真を撮らずに走った。

ランナー渋滞でごった返していたし、僕も、大阪の街を走れる喜びに浸っていたからだ。

しかし、5km地点を過ぎ、遂に、念願の御堂筋に出た時は、やっぱり写真を撮らずにはいられない、と思った。

f:id:ICHIZO:20171201042955j:plain

あぁ、僕は遂にここを走ることができたんだ!

そう思いながら、嬉しくて、僕はシャッターを切り続けた。

撮影中、僕のスピードは、ほぼ落ちることがなかった。むしろ、感動で嬉しくて、ラップが早くなっているほど。

そんな状態で、このレベルの写真が撮れるのは、やっぱり、コンデジ、Cyber-shot DSC-TX5の力。スマホでの撮影では、そうはいかないと思う。

大阪マラソンのコースは、御堂筋を抜けたあと、いったん大阪城公園方面まで向かう。そこで折り返す設定になっており、15km地点手前ぐらいで、再び、御堂筋に戻ってくる。

2度目の御堂筋が、これまた感激だった。

f:id:ICHIZO:20171201043712j:plain

御堂筋いっぱいを使って、すれ違うランナーたちの情景。

いやはや最高だ。僕は、またしてもここでシャッターを切り続けていた。

たぶん、このあたりで、僕は、てつさん(id:tetsu-san)に目撃されている。

僕はまだ、てつさんとお会いしたことがないというのに、てつさんの記憶に残っているほどだから、写真を撮りまくっている姿が、相当奇異に映ったのかもしれない(汗)

しかし、この時点で僕は、自分が変だと言うことなど全く考えておらず、ひたすら陶酔しながら写真を撮り、御堂筋を走り続けていた。

f:id:ICHIZO:20171201045739j:plain

キタからミナミへ。

f:id:ICHIZO:20171201045838j:plain

道頓堀のグリコ写真も、走りながらカメラに納めることができた。

f:id:ICHIZO:20171201050018j:plain

なんばに到達!

このあたりは、まだ17km地点ぐらいだと思うのだけれど、僕の身体はかなり疲れていた。

ここからしばらくは、千日前通を数km走り、折り返してまたなんばに戻ってくるのだけれど、その道程がとても長く感じたほど。

長年の念願だった御堂筋ランが終了してしまったことも、僕の心を弱くしてしまったのかもしれない。

写真を撮っている余裕もなくなり、僕は、ランに専念することにした。

この時点では、まだ、十分にサブ4を達成できるタイムだったが、1km走るたびに僕のラップは落ちていき、脚も動かなくなってきていた。

僕の大阪マラソンは、御堂筋ランを果たしたことで、もう終わってしまったのかもしれない、とまで思った。

しかし、それは大きな間違いだった。

30km地点を過ぎ…這々の体になっていた僕を、極上の癒やしスポットが出迎えてくれたからだ。

(以下、続く。)

 

ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot TX5 (1020万画素CMOS/光学x4/ブラック) DSC-TX5/B

ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot TX5 (1020万画素CMOS/光学x4/ブラック) DSC-TX5/B

 
御堂筋ものがたり

御堂筋ものがたり

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ