読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Nokiaの名機たちよ、再び!(その1:Nokia E90 Communicator)

Mobile NOKIA
スポンサーリンク

Nokia。

古くからのモバイルガジェット好きであれば、誰もが、その言葉に特別な響きを感じる筈だ。

フィーチャーフォン(ガラケー)時代も、スマートフォンの黎明期も、Nokiaの端末たちは、いつでも、その中核にいた。

オーソドックスな端末を手がける一方で、冒険的なデザインやギミックの端末も発表。いつでも僕らをワクワクさせてくれた。

まだ、iPhoneやandroid端末などが、市場に存在していなかったころの時代だ。

しかし、時代は残酷で、いつしか、iPhoneの、そしてandroidの波が押し寄せ、見た目的には全く面白くない、フルタッチ端末ばかりが世間に溢れてしまうようになった。

その煽りを受け、スマートフォン界を牽引してきたNokiaは、市場からの撤退を余儀なくされてしまう。

そして、Nokia社は、携帯事業の売却を決断。もう、これで終わりだと思った。

が…。どっこい、Nokiaのブランドは死んでなどいなかった。

昨年末、このようなニュースが入り…。

世界最大のモバイル関連展示会であるMWC2017では、「NOKIA」ブースが復活。各種の新端末が展示されることになった。

ただ、正直に言うと、Android OSを搭載した、Nokia 6などについては、全く心を惹かれなかった。

そんなものは、別にNokiaブランドじゃなくてもいいと思ったからだ。

だから…。

Nokiaブースで、この端末に人気が集中したのも納得できる気がする。

Nokia 3310。携帯電話時代の名機が、なんと17年ぶりにリバイバル。モバイルファンならば、注目せざるをいられないだろう。

対応ネットワーク規格がGSMのみであるため、日本では使うことができず、欧州専用になってしまうのが残念だけれど、もしもこれがヒットしたならば、Nokiaの、往年の端末たちも復活してくれるように思うので、僕はそれに期待したい。

ということで、昨晩、久しぶりにこの端末を取り出してみた。

f:id:ICHIZO:20170308055328j:plain

Nokia E90 Communicator。

かつて、Nokiaのフラッグシップだった、圧倒的なスマートフォンだ。

f:id:ICHIZO:20170308055520j:plain

実に久しぶりの利用だったが、少し充電したら、ちゃんと立ち上がった。

懐かしいNokiaチューンの音とともに、これまた懐かしい起動画面。この音を、そして、画面を見ると、モバイラー熱が甦る。

f:id:ICHIZO:20170308055900j:plain

僕のブログだって、しっかり表示可能だ。

ただ、今回、E90の存在を初めて知った人にとっては、単なる古くさい端末に思えるかもしれない。

「画面狭すぎ」「ごつくてダサい」「野暮ったい」だけの携帯電話だと考えられるかもしれない。

しかし、E90の実力は、そんなものじゃないのだ。

確かに、このスタイルだと、webを閲覧するには非常に無理があるが、テンキーのストレートタイプなので、通話用としてはとても使いやすい。

だから、通話する時は、このスタイルで使って、いざwebを見たくなったら…。

f:id:ICHIZO:20170308060708j:plain

端末を開けばいい!のである。

幅広い画面とともに、Qwertyキー、数字キー、カーソルキー、コマンドキーまで存在しているため、Web閲覧、操作、入力が自由自在。

いやはや、やっぱりこれは素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20170308061034j:plain

日本語入力だって可能*1

昔の写真の使い回しでないことを証明するため、トレンドワード(?)を入力してみたw

f:id:ICHIZO:20170308061255j:plain

入力した情報を、メールなどで送信することだってできる。

今となっては、当たり前の機能だけれど、この端末が発売された10年前は当たり前ではなかった。

便利に通話ができて、Webも快適に閲覧できるうえ、Qwertyキーによる快適な入力環境まで有している端末は、この端末だけだったのではないか。

さすが、当時のNokiaのフラッグシップ、Communicatorと名乗るだけのことはある端末だ。

加えて強調したいのが、その圧倒的な質感。盆百のスマートフォンとは一線を画した重厚さを、この端末は備えている。

僕の拙い文章では、その質感の素晴らしさを伝えきれないのが、とても残念だ。

f:id:ICHIZO:20170308062118j:plain

チャージャーも健在。充電しながら画面を確認できるのが嬉しい。

f:id:ICHIZO:20170308062208j:plain

このチャージャーは、本体とバッテリーを同時充電できる優れもの。

僕は予備バッテリを持っていたので、今回、あわせて充電できた。

最近は、バッテリ内蔵のスマホばかりになってしまったけれど、入れ替えができるタイプなら、予備バッテリさえあれば、いつでも安心して運用できる。

こういったところも、とても懐かしく感じた。

f:id:ICHIZO:20170308062426j:plain

とにかく、何もかもが素晴らしい端末。

発売後10年経っているため、パフォーマンス的にはもちろん厳しいが、まだ現役で活躍できるだけの力はある。

何より質感が素晴らしいため、持っているだけで幸せになれる。

Nokia復活のニュースを祝して、この端末も復活利用していきたい。 

*1:標準搭載されているわけではなく、専用のアプリ導入が必要。僕は、以前それを導入済みだった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ