餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「師走皇居ラン2017」夜明けのスナップ

スポンサーリンク

今日は、久しぶりに、皇居で走ろうと思った。

土曜全休がとれ、夜明け前に目が覚めたし、昨晩からの雨もすっかり上がっていたからだ。

始発前の出発になるので、例によって、家から皇居まではストリートラン。

f:id:ICHIZO:20171209154133j:plain

まだ外は真っ暗だったが、落葉の降り積もる道などを通って、楽しく走れた。

f:id:ICHIZO:20171209154103j:plain

空には、月齢20日目の更待月。その美しさに痺れる。

月はいつだって、夜明けランの相棒だ。

f:id:ICHIZO:20171209154155j:plain

皇居に到着。

半蔵門から見下ろすこの情景は、皇居コースの中で一番気に入っている。だんだん青く、そして、紅く、白く変わっていく空。素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20171209154221j:plain

夕暮れ時などは、ランナーでごった返す二重橋前。誰もいないストレートコースは、実に快適。

やっぱり、皇居を走るなら、多くのランナーたちが眠っている夜明け前の時間に限る。

f:id:ICHIZO:20171209154244j:plain

お堀には、いつものように白鳥がいたので、接写してみたら…。

f:id:ICHIZO:20171209154305j:plain

まだ眠っていたw

f:id:ICHIZO:20171209154341j:plain

竹橋の辺りは、エレベーター工事中で、迂回ルートになっていた。

これで、皇居1周ランが、10mぐらい長くなっているんじゃないかと思う。

f:id:ICHIZO:20171209154406j:plain

 平川門あたりの情景。 

f:id:ICHIZO:20171209154426j:plain

 白鳥は眠っていたが、水鳥たちは元気に団体移動中だった。

f:id:ICHIZO:20171209154445j:plain

 皇居の上空、夜明けの空に輝く更待月。

f:id:ICHIZO:20171209154802j:plain

半蔵門から見下ろす情景(2周目)

皇居を一回り走っている間に、空はかなり明るくなって、街灯も消えていた。そして…。

f:id:ICHIZO:20171209154837j:plain

 夜明けだ!

皇居のお堀越しに見る朝日に、僕はちょっと痺れてしまった。

腰から脚の状態が良くなくて、だらだら走っていただけなので、何の練習にもならないランだったけれど、この朝日を見られただけで、皇居に来た甲斐があったと思う。 

f:id:ICHIZO:20171209154904j:plain

 朝日に輝くビル群。水面に映って美しい。

f:id:ICHIZO:20171209154929j:plain

 2周目、桜田門に入る入口でこんな看板を発見。

皇居乾通り一般公開に伴う、皇居外周でのマラソンは自粛要請だった。

今日もその該当日であったが、その自粛要請の時間帯は、午前8時半から午後3時まで。だから、夜明けの時間は対象外。

僕は、こんな自粛要請があることを知らなかったので、出遅れていたら走れないところだった。

夜明け前から走り始めて良かったなぁ、と、あらためて実感。

僕がここを通過したのは、午前7時過ぎぐらいだったが、この自粛要請を避けるためか、ランナーが増加。

f:id:ICHIZO:20171209154958j:plain

ランナー以外にも、一般公開待ちの人たちなどが、桜田門あたりには集まっていた。

f:id:ICHIZO:20171209155046j:plain

一般公開の準備中。

あと3時間もすれば、ここは、人がいっぱいになるのだろうなぁと思いながら走った。

僕は、ここまでで皇居2周。家からトータルすると、20km超走っていた。

以前の僕ならば余裕の距離だったけれど、今は、これだけ走るのが精一杯。

ということで、今日はここでクールダウンすることにした。

f:id:ICHIZO:20171209155115j:plain

朝日に照らされた東京駅。

それを眺めていたら、僕は、東京マラソンへの思いがこみ上げてきた。

来年。夢にまで見た新コースへの出場が叶ったからだ。

f:id:ICHIZO:20171209155135j:plain

行幸通り。

あぁ、2ヶ月半後には、この道を通って、フィニッシュするんだよなぁ。

その頃までには、脚が良くなって、気持ちよく走り抜けられるといいのだけれど…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ