餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

発作的一句w「50キロ 走ったご褒美 水餃子」(作:餃子ランナー)

スポンサーリンク

「東京ウルトラマラソン2018」ハーフの部、公称56km*1のコースには、フルマラソン距離(42km)までに6つのエイドがあった。

そのどれもこれもが素晴らしく、だからこそ僕は、そこまで楽しく走り切れたと言っていい。

ただ…。そこから先は少し不安が残っていた。

フィニッシュ地点までは、あと15km程度あり、残るエイドは1つしかなかったからだ。しかも、そのエイドまでは9kmもあった。

前半ならば余裕で走れた距離だったが、その時の僕には、果てしない長さに感じた。

フルまでに辿った暑さと距離は、僕らの身体を大いに痛めつけており、足が思うように動かなくなった。

それまでのエイドで十分なおもてなしを受けていながら、情けないなぁとは思ったが、手厚いおもてなしに慣れてしまったからこそ、尚更、 9kmもの距離を、エイドなしで耐えることは難しかった。

さらに。

最後のエイドに至るまでの間、チェックポイントを通過しなければならず、そこで強烈な試練を受けることになった。

詳細は、レースレポートのエントリーで書かせていただくけれど、とにかく過酷なチェックポイントで、僕には、大きな「壁」に感じたほどだった。

何とか気力でそこを乗り越えたのものの、疲労困憊。

最後のエイドまでは、まだ4km以上あり、もう僕らの身体は、補給なしでは耐えられなかった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20180530034854j:plain

ガリガリ君を補給w

「東京ウルトラマラソン2018」は、制限時間も、シビアな関門もあるが、レースではなくあくまでファンランイベント。

だから、「勝手にコンビニエイド」だって自由なのだ。

この時、僕が食べたのは、今月発売されたばかりの新作。

f:id:ICHIZO:20180530035402j:plain

ガリガリ君リッチ、チョコミント味。

これが、とても爽やかで美味しかったので、僕はとっても気に入ってしまった。

この味が忘れられずに、打ち上げの帰り道でも食べてしまったほどだw

ということで、ガリガリ君パワーに助けられた僕らは、なんとか活力を取り戻し、再び走り始めた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20180530041243j:plain

着いた!

東京ウルトラマラソンの、最後にして最強のエイド。「こあしす」だ。

イベント協賛の「こあしす接骨院」が、その院内を、エイドとして利用させてくださっているのである。

僕は、このイベントに初参加させていただいた一昨年から、その素晴らしさに酔いしれたが、今年も、その感動は変わらなかった。

f:id:ICHIZO:20180530042306j:plain

フレッシュなフルーツ。

f:id:ICHIZO:20180530042347j:plain

惣菜パンやお菓子類。

f:id:ICHIZO:20180530042436j:plain

トロピカーナオレンジ群。

f:id:ICHIZO:20180530042937j:plain

冷たいそうめん(ネギ入り!)。

そして…。

f:id:ICHIZO:20180530043303j:plain

水餃子キターっ!

水餃子は、一昨年のこあしすエイドでも提供され、僕は、大いに感動したことを思い出す。

去年は、残念ながらエイドメニューから消えてしまったので、僕は、この復活が予想外で、そして、最高に嬉しかった。

f:id:ICHIZO:20180530044016j:plain

一昨年は、煮込みタイプの水餃子だったが、今年はスープをかけるタイプ。もちろん今回も素晴らしい。

水餃子は、もちもち皮とたっぷりの具。スープは味わい深く、ネギも入っている。いやはや本当に癒やされた。

なんたって、ここまで50km走ってきているのだ。

餃子ランナーとして、そこで出会える水餃子は、僕にとって、至上のご褒美に感じた。

おかわりも自由だったので、時間があれば、いつまでも食べていたかったほどだ。

しかし、僕らは、あまり長居をするわけにもいかなかった。

エイドのスペースは限られており、これから来るランナーたちもいる。また、制限時間を考えると、僕らも、そんなにゆっくりしている時間はなかった。

こあしすエイドに辿り着いたとき、僕はかなり疲れていたが、水餃子のおかげで、僕はすっかりパワーを取り戻した。

ポパイの活力がほうれん草であるように、餃子ランナーの活力源は、やっぱり餃子なのだ。(たとえが古すぎ(^^;)

ということで僕は、感動のフィニッシュ地に向けて、元気よく走り出した。

(以下、続くw)

 

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

赤城乳業 ガリガリ君ソーダ 110ml×31本

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:実測では59km近くある。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ