餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

じっと我慢の日曜日…。勝田全国マラソンの思い出に浸る。

スポンサーリンク

今日は、マラソン大会が花盛りの日だ。

一般世間的な注目度からすると、大阪国際女子マラソンがダントツだと思うけれど、これは、エリート女子限定のレースだから、僕とっては、いわば「見るレース」。

今日は、この他に、身近なラン仲間たちが走るレースも多数開催されていて、そちらの方が、気になるレース、応援するレースとなっている。

フルマラソンだけでも、勝田、館山若潮、天草、石垣島があるし、ハーフの新宿シティ、10マイルの湘南藤沢市民マラソンなど、全国各地で目白押しだ。

既に、SNSやブログでは、さまざまな気象条件にも負けず、頑張ったラン仲間たちの報告が上がってきている。

だから僕は、皆の完走報告を読み耽って、それぞれに、お祝いやねぎらいのメッセージなどを考え、そして発信しようとしているところだ。

力の限り頑張って、自己ベストや目標を達成するラン仲間の人たちを、僕は本当に尊敬している。

目標には達しなくても、現段階の力を出し切って、楽しく完走するラン仲間たちも、素晴らしいと思う。

ただ、僕は、少し寂しさも感じている。

皆を凄いと思うたびに、「力を出せなくなっている」自分の不甲斐なさも感じてしまうからだ。

最近、僕はレースに出るたびにタイムを落としていて、そのたびにモチベーションが下がっていく。

そもそも、出走する状態にさえ仕上げることができず、出走回避するレースも増えている。どうにもこうにも情けない。

座骨の具合は(鍼のおかげで少し良くなってきているとは言え)完調ではなく、さらには、突発的な嘔吐症状まで生じて、週末の練習さえもまともにできない有様。

そうこうしているうちに、筋力低下も老化も進んでくるから、僕はもう、きっと、以前のようには戻れない。

レースに出ても、記録を求めることなんてできないんだよなぁ…。

などと、見苦しい愚痴(自分で書いていても嫌になる)を書いてしまうのには、理由がある。

今日、レースが行われていて、沢山のラン仲間が出走している「勝田全国マラソン」が、僕にとって、とても思い出深いレースだからだ。

今から7年前。

僕にとって、初めてのフルマラソン。

4時間で交通規制解除となり、歩道を走らされたりしたけれど、とても温かくて素晴らしい大会だった記憶がある。

翌年出場した時は、「もう、歩道なんて走りたくない!」「だから4時間を切りたい」という思いで精一杯走った。

結果…。

筋肉痛に苦しみながらも、何とか、前年のタイムを20分程度縮め、歩道を走る屈辱を味わずに済ますことができた。

3年目。

僕は、再び勝田の自己レコードを更新。ネットタイムで3時間半を切ることができた。

レース中もレース後も、とても楽しいレースだったことを思い出す。

今から考えれば、あの頃が僕のピークだったのかもしれないなぁ…w

f:id:ICHIZO:20180128173536j:plain

ナンバーカードと記録証。

記録が伸び続けていた時期だったんだなぁ、ということを、あらためて思う。あの頃は僕もまだ40歳代だったし…。

第61回以降、僕は、勝田全国マラソンには出場していない。

ここ最近は、勝田翌週の別大に出ていたから、スケジュール的に厳しかったのだけれど、別大に出ることはもうないと思うので、来年は、勝田に復帰してみようかなぁ…とも思っている。

ただ、今の状況だと、最後は歩道を走らなければいけなくなりそうだけれどw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ