餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

夜明け前でも、ベトナム・中華料理が食べられる!「華福」@大山の素晴らしさ

スポンサーリンク

突発的東武東上線シリーズ、第二弾w

下板橋駅から、川越方面へ向かって1駅目の大山下車。

都内屈指の商店街である「ハッピーロード大山」を抜けきったところ。川越街道(国道254)沿いに、その店は存在している。

f:id:ICHIZO:20180423040246j:plain

店の名は「華福」

外観がとっても派手な店なので、初めての人でも、すぐに見つけることができると思う。

本格的なベトナム料理、中華料理が味わえる店だ。

この店の凄いところは、その営業時間。

年中無休、午後5時から翌朝5時までの12時間通し営業なのである。

ランチタイムは営業していないのに、夕刻から早朝までまるまる営業。

深夜1時とか2時までぐらいの営業店は数々あるが、翌朝5時まで、週末も含めて営業している店というのはなかなかないので貴重。

始発電車まで、夜通し飲むことができるというのは、何とも素晴らしい。

これは僕の推測だけれど、この店は、ハッピーロード商店街で深夜まで飲んでいた(そしてまだ飲み足りない)人たちの受け皿になっているんじゃないかと思う。

他ならぬ僕にも、その経験がある。

もう10年以上も前。ハッピーロード内の店で激しく飲んだ後、この店を利用した記憶が残っている。

その際、いい印象を抱いたため、いつか必ず再訪しようと思っていた店だった。

最近は、歳のせいか、深夜まで飲むことは殆どなくなり、超朝型になってしまったのだけれど、そんな人間にとっても、こういった店は非常にありがたい。

「深夜遅く」という時間帯は、イコール「夜明け前」でもあるからだ。

ということで、先週末。夜明け前ランの途中で、僕は、この店に立ち寄ることを決めた。

店頭に掲げられている料理写真の数々を、しばし眺めてみる。

f:id:ICHIZO:20180423042116j:plain

これだけ見ると、中華料理の店っぽいのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20180423042157j:plain

もう一方の掲示では、本格的なベトナム料理が並んでいる。

数々の生春巻があって、いかにもベトナムチック。「アボカドといくら入り生春巻」なんて、美味しいに決まっているので、かなり心が揺れた。

f:id:ICHIZO:20180423042417j:plain

入店。

時刻は、午前4時前。最近は、夜明けが早くなってきているが、それでもまだ真っ暗な時間帯だ。

店内には、テーブルが沢山あり、数十人は入れる広さ。そんな中、客は僕ひとり。

タイミングの問題で、たまたまのことだと思うのだけれど、ちょっと不安になった。

しかし、店内にはまったりとしたベトナム音楽(?)が流れていて、すぐに落ち着く。

f:id:ICHIZO:20180423043019j:plain

壁の各所には、三角笠が吊されていて、いかにもベトナム料理店らしい。

手書きで書かれたメニュー内容もちょっと独特。

ブンチャーは、若い頃、ベトナムで食べた時、ちょっと感動した記憶があるので、ちょっと心が惹かれた。

f:id:ICHIZO:20180423043524j:plain

メニューにも、本格的なベトナム料理がズラリと並んでいた。

午前4時という時間帯に、こういった料理が普通に食べられるというのは、ちょっと凄いことではなかろうか。

ただ、僕は、目一杯食べるわけにはいかない状況だったので、グッと我慢。

f:id:ICHIZO:20180423043759j:plain

中華料理メニューも充実。

一品料理は、ボリュームが結構あるようで、それぞれ(小)が用意されている。非常に良心的。お一人様にも優しい店だ。

f:id:ICHIZO:20180423044014j:plain

海鮮料理、粥類、そして、点心類。

僕の目に、真っ先に飛び込んで来たのは、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20180423044148j:plain

これだった。

なんとも凄いビジュアルで、もう少しいい写真の撮り方はなかったのか?と思うが、それでも、立派な羽根つき餃子だということはわかる。

「自家製手作り!」というキャッチコピーもついており、店のオススメ料理にもなっているようだ。

僕は、10年以上前にこれを味わった記憶が、微かに残っている。

泥酔&満腹状態で食べたのに、いい印象を抱いたので、今回は、きっとそれ以上の満足感が得られる、筈。

注文するしかない!と思ったが、他のメニューも眺めてみて、迷いが生じた。

f:id:ICHIZO:20180423044615j:plain

こっちの餃子も食べたかったからだ。

胃に余裕があれば、「両方」というのが、最適の選択肢なのだけれど、食後もしばらく走り続けることを考えると、それはちょっと負担になりそうな気がした。

ということで、今回僕が選んだのは…。

(以下、続くw)

 

ひとりごはん あの店の餃子♪ (ぐる漫)

ひとりごはん あの店の餃子♪ (ぐる漫)

  • 作者: ただりえこ,さかきしん,桑佳あさ,高倉あつこ,クワナ海,猫原ねんず,福丸やすこ,芋畑サリー・キタキ滝,岡井ハルコ,柘植文,みかみふみ,たかなししずえ,白樺鹿夜,中馬ちゅうきち,山川まち,グリコ,カワカミコマ,津月薫,にしだかな
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • 発売日: 2018/04/17
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ