餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕のジブン手帳史、8年目の大転換。スタンダードからBiz mini へ!

スポンサーリンク

僕とジブン手帳とのつきあいは、とても長い。

今を遡ること7年前。

発売初年度のジブン手帳2011年版は、なんと、出版社である講談社から発売され、書店ルートで流通した。

販売形態も外装も、今と全く異なっていたのは、もはやトリビアだ。

僕は、この時、偶然書店で出会って一目惚れ。

キブンを転換したくなったことが、僕のジブン手帳史の始まりだった。

ジブン手帳は、その後コクヨブランドになり、今や、コクヨを代表する手帳、いや、日本を代表する手帳のひとつになったのは、手帳好きなら誰でもご存じだろう。

僕の周りでも、年々ユーザーが増え続けており、その圧倒的な人気を肌で感じている。

f:id:ICHIZO:20170911205459j:plain

だからここに、8冊目のダイアリーが加わる筈だった。

僕は、とにかくジブン手帳に惚れ込んでいたので、使い始めて2年目の年に、ジブン仕様のレザーカバーを発注した。

特別オーダー品なので、ジブン手帳のダイアリー部分だけを入れ替えれば、毎年同じように使えるし、フリクションボール3(マルチペン)がぴったり入るペンホルダーもつけた。

コクヨ ジブン手帳 DIARY 2018年 11月始まり A5スリム ホワイト ニ-JCD1W-18

コクヨ ジブン手帳 DIARY 2018年 11月始まり A5スリム ホワイト ニ-JCD1W-18

 

だから2018年版も、これを買って入れ替えれば、全く違和感なく、使い続けることができる。

そして、もちろん、これを買うつもりだった。

amazonでは、本日発売の表示になっているが、都内のLOFTで先行発売されていることがわかっていたので、僕は、そこで買うことに決め、先週末に訪れた。

ただ、ここ数年は、店頭で最新版のジブン手帳ラインナップを眺めるたびに、心が揺れていたことを思い出す。

3年前、2014年。

 一回り小さい、コンパクトな「ジブン手帳mini」が出た時は、少し迷った。

しかし、僕はやっぱりスタンダード版のサイズにこだわっていたし、オリジナルのレザーカバーも生かせなくなってしまうから、結局、ダイアリーを選んだ。

そして去年。

「ジブン手帳Biz」が出た時は、迷いに迷った。なんたって、スタンダード版よりBizの方がかっこよく思えたからだ。

しかも、ビジネス用途で使う分には、使い勝手もいい。

とりわけ、180度フラットに開く!という点と、紙質の厚さは大いに魅力的だった。

が…結局は、スタンダード版のダイアリーを買って入れ替えることにした。

だから今年も、きっと我慢できる、2018年版の、入替用ダイアリーを買って帰るだけ、と思いながら、僕はLOFTの手帳コーナーに向かった。

果たして…。

f:id:ICHIZO:20170911214608j:plain

ジブン手帳コーナーは、断然の「ジブン手帳Biz」推し。

やっぱり、こちらのタイプの方が売れているのだろう。

販売元であるコクヨのWebサイトでも、ジブン手帳Bizの方が、スタンダード版よりも優先して紹介されており、今や、ジブン手帳の看板であることが明らかだった。

f:id:ICHIZO:20170911214630j:plain

 一番目立つゾーンには、ジブン手帳Bizの各色が陳列。

それに比べて…。 

f:id:ICHIZO:20170911214725j:plain

スタンダード版は、コーナー裏。

しかも、入替用のダイアリーなどは、見つけにくい最下段にあって、他ブランドの手帳などと並列。この扱いの差には、ちょっと凹んでしまったほど。

しかし、僕は人気に左右されて手帳を選んでいるわけではないので、この時点でも、何とか、入替用のダイアリーを買って帰るつもりだった。

ところが…。

一回りコーナーを見渡し、再び正面に戻ってみると、大きく心が揺れた。

f:id:ICHIZO:20170911214708j:plain

ジブン手帳Bizの下、今年から発売となった、「ジブン手帳 Biz mini」を手にとって、ビビッときてしまったのだ。

それはそうだろう。

この手帳は、3年前に心が揺れたサイズである「ジブン手帳mini」と、去年迷いに迷ったデザインの「ジブン手帳Biz」の複合バージョン。

僕にとっては、いわば《いいとこどり》の手帳と言えるからである。

LOFTでは、中身の確認できる見本も数多く掲示されていたので、それをパラパラと眺めて、使い勝手も含めて夢想すると、やっぱり僕は我慢ができなくなってきた。

今の僕は、かなりデジタル寄りの生活に移行しており、スタンダード版のジブン手帳の大きさを持て余しはじめている。

以前は、なんでもかんでも手帳に書きまくっていたが、今は、スマホアプリの日記やダイアリーなども併用しているので、紙に書くことが減ってきてしまっているのである。

しかし、やっぱり、その一覧性や継続性なども考えると、僕にとって、ジブン手帳は必須のアイテム。

ならば、もっと気軽に持ち歩けて、スマホなどとも併用しやすい、コンパクトなジブン手帳 Biz miniこそが、今の僕に相応しいと思えてきたのだ。

そう思い始めると、もう心は一直線だった。

ジブン手帳 Biz miniは、色の違いなどで4つのタイプが用意されていたので、その点でもかなり迷ったが、結局、「断然売れている」(LOFT店員談)という…。

f:id:ICHIZO:20170911214751j:plain

ジブン手帳 Biz mini マットネイビー  を選んだ。

f:id:ICHIZO:20170911214832j:plain

今、レーザーカバーをつけて使っている、ジブン手帳スタンダード版とのサイズ比較。

かなり年期が入った、愛着のあるジブン仕様のレザーカバーを、来年からは使うことができないと思うと、ちょっと切なくなったが、でも、僕はもう決めてしまったのだ。

f:id:ICHIZO:20170911214844j:plain

開いてみたところ。

その大きさも、フォントなどの印象も大きく違う。だから最初は少し戸惑うかもしれない。

しかし、今の僕にはジブン手帳 Biz miniの方が使い勝手が良いと思い、過去資産の流用ができなくなることも踏まえて選んだのだ。

だから、その決断を後悔することのないよう、使い倒していこうと思う。

 

コクヨ ジブン手帳 Biz mini 2018年 12月始まり B6スリム マットネイビー ニ-JBM1DB-18

コクヨ ジブン手帳 Biz mini 2018年 12月始まり B6スリム マットネイビー ニ-JBM1DB-18

 
ジブン手帳公式ガイドブック2018

ジブン手帳公式ガイドブック2018

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ