餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Jawbone UPの睡眠管理機能は素晴らしい!と再認識した夜明け前

スポンサーリンク

まずは、警告から始まった。

f:id:ICHIZO:20170420054249j:plain

ウェアラブルガジェットであるJawbone UPは、時々、僕の睡眠不足について、このようなメッセージを届けてくれる。

僕は、だいたい夜10時半過ぎに寝て、4時少し前に起きる生活パターンなので、5時間あまりの睡眠時間となることが多い。

ただ、最近は飲み会などが続いていたため、寝るのが11時を過ぎることもままあり、それでもやっぱり同じような時間に起きてしまうため、必然的に睡眠不足となっていた。

平均睡眠時間が4時間52分であれば、それほど少なくないじゃないかと思われるかもしれないが、その推移をよく見ると、問題が生じていることがわかる。

f:id:ICHIZO:20170420055937j:plain

週末はそこそこ眠れているので、平均としては5時間近いが、今週はどんどん短くなっていて、19日は4時間を切ってしまった。

だから昨日は、会社でもちょっとぼーっとしてしまったほど。

睡眠が足りないのなら、二度寝をしたり、夜明けのランをやめたり、ブログを休んだりすれば解決する…のだろうけれど、やっぱりそれはできなかった。

長年、身体に染みついた生活リズムはなかなか崩せないのだ。

しかし、そんな時に頼りになるのも、Jawbone UP。

単なる警告だけでなく、「今日は〇〇時に寝ましょう」というアドバイスも行ってくれる。

昨日は、「PM9時26分までに寝ましょう。チャレンジしますか?」というようなメッセージが表示された。

昨日は定時退社の日で、幸い、飲み会もなかったため、僕はチャレンジを行うことに決めた。

そうすると、Jawbone UPのアプリ画面では、就寝時間までのカウントダウンが表示されるのだ。

早めに帰宅できた日でも、家でWebなどをつらつら見ていると、あっという間に10時を過ぎてしまうのが常。

昨日も、色々と雑用をこなしていたら、あっという間に9時を過ぎてしまっていた。しかし、僕は、カウントダウンに追われながら、何とかギリギリで就寝。

そして…。

f:id:ICHIZO:20170420053031j:plain

目標達成だ!

f:id:ICHIZO:20170420053054j:plain

早く床に就いた分、早く起きてしまったので、結局5時間あまりしか眠れていない。

3時半ぐらいまで眠ろうと思ったのだけれど、目が冴えてしまい、どうしても二度寝できてなかったのだ。

ただ、早寝をしたせいか、気分は昨日より断然スッキリだった。

早く目覚めたおかげで、いつもは5km程度しか走れないランも、倍の距離を行うことができ…。

f:id:ICHIZO:20170420061323j:plain

朝5時前にして、もう、歩数目標達成w

今日は、涼しくて、とっても気持ちよく走れたし、最高の夜明け前を過ごすことができた。

夜は、色々と予定のあることが多いため、毎日9時台に眠ることはできないが、やっぱり、早寝早起きはとても素晴らしいと実感。

そういったことを再認識させてくれる、Jawbone UPの睡眠管理機能は、やっぱり最高だ。

 

 

UP24 by Jawbone Wristband iOS対応【並行輸入品】 (M, onyx)

UP24 by Jawbone Wristband iOS対応【並行輸入品】 (M, onyx)

 

 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ