餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

赤い衝撃。iPhone 7の新色に心揺らぐ。

スポンサーリンク

なぜ、今まで、iPhoneにこの色がなかったのだろう。

f:id:ICHIZO:20170322034108j:plain

そう思ってしまうほど、「赤」という色にはインパクトがある。

性能的には、なんら、これまでのiPhone 7と変わらないのだけれど、「Special Edition」の名にふさわしい色だと思う。

赤という色は本当に人目を引くし、男性にも、女性にも合う。

僕のようなオッサンが使うには、ちょっと派手過ぎるようにも思えるが、自信を持って使えば、何ら問題はない。(と、思う。)

今回のiPhone 7 Special Editionは、単に新色というだけではなく、(PRODUCT)RED™という冠もついている。

恥ずかしながら、僕はこの意味がよくわからなかったので、調べて見ると…。

この趣旨に連動したものであるようだ。

そもそも、appleにとって、この取り組みは、iPhone 7が初めてのことではなく、既に、iPod touchや、Apple Watchスポーツバンドなど、各種アイテムで取り入れられていた。

…ことを、今日初めて知った(汗)

f:id:ICHIZO:20170322054639j:plain

今回は、そのラインナップに、iPhone 7 (PRODUCT)RED™ Special Editionが加わったというだけのこと。

appleとしては、何ら突飛な発表というわけではなく、必然の流れであったのかもしれない。

ただ、まぁ、そういった意味とは別にしても、赤という色はインパクトがあって、とても格好いい。

iPhone 7の場合だと、背面は完全に赤に染まる*1ので、そのインパクトも絶大だ。

僕は、iPhone 6以来、大きくなってしまったiPhoneのサイズに、どうにも馴染むことができないため、5S→SEに移行。iPhone 7にも食指が動かなかった。

だから、今回も見送るつもりではあるけれど、今後、SEの後継機が出てくるとは思えないので、きっと、いつかは決断が必要。

この流れだと、今年の秋に発表される筈のiPhone 7S(もしくは8?10周年記念バージョン?)にも、(PRODUCT)RED™モデルの赤は加わっている筈。

だから、その時に、あらためて考えようと思う。

 

赤い衝撃 DVD BOX

赤い衝撃 DVD BOX

 

 

*1:iPhone5/SE系の背面は、ツートンカラーになるため、カラーリングとしては、インパクトが弱くて中途半端。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ