餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

10.5インチ iPad Pro登場!に、心揺れまくりの朝

スポンサーリンク

いやはやこれはたまらない。

f:id:ICHIZO:20170606052744j:plain

 Apple WWDCで、ついに発表された、新しい、10.5インチ液晶搭載のiPad Proに、僕は心が揺れまくりだ。

既に、appleストアでは購入可能になっており、早ければ、来週にも入手可能。

f:id:ICHIZO:20170606055539j:plain

僕は、今すぐにでも購入ボタンを押したい気持ちを、こらえるのに必至だ。

税別117,800円という金額は、かなり高価だけれど、これは、「512GB&Wi-Fi+Cellularモデル」という、最強スペックの設定にしたため。

最安の設定ならば…。

f:id:ICHIZO:20170606054927j:plain

69,800円なので、ぐっと魅力的な価格になる。

流石に64GBでは少し心許ない気がするし、格安SIMでの運用を考えると、Wi-Fi+Cellularモデルの方が圧倒的に便利なので、僕の場合、現実的な候補としては、こんな感じ。

f:id:ICHIZO:20170606055601j:plain

95,800円。

僕が3年前にiPad Air 2を買った時は、128GBで89,800円もしたから、256GBで95,800円なら、その進化ぶりも含めて考えると、Air 2からのリプレースは十分「あり」な気がする。

と、もう、買う気満々ではないか(汗)

3月に発表された、この「無印」iPadには、全く心が動かなかったのになぁ…。

しかし、それには理由がある。

この無印iPadは、iPad Air 2ユーザーからすると、むしろ「退化」だと思える部分もあったからだ。

今考えれば、それは、10.5インチ iPad Proを際立たせるための《布石》だったのかとも思える。

いやはやProの冠はダテじゃない。これは、Air 2から見ると、外見も内面も、飛躍的に進化した完璧な次世代機だ。

僕は、この新しいiPad Proが、欲しくて欲しくてたまらなくなっている。

現状のiPad Air 2でも不自由していなかった僕が、なぜこれほど、Proが欲しくなってしまったのか…について、書きたいことはいろいろある。

しかし、今日はちょっと時間がなくなってしまった。

稿を改めよう。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ