餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

2018GWの大収穫!「餃子工房 葉牡丹」を初訪問!!

スポンサーリンク

2018年。

僕のGW(Gyoza Week)は、スタートの土曜日から躓いた。

しかし、僕はめげなかった。

翌日曜日は休日になっていて、横浜に行く予定があったため、かねてから宿題だった店を訪れて、リベンジしようと思ったのだ。

店の名は、「餃子工房 葉牡丹」。

以前、持ち帰り餃子を食べさせてもらったことがあるため、その美味しさはわかっていたが、是非とも店舗で実食したかったのである。

難点は、その立地。

最寄り駅で言えば、京浜東北線(根岸線)の石川町か、山手ということになるのだろうけれど、どちらの駅からも、15分程度歩く必要がある。

しかも、坂を上らないと辿り着けないため、なかなかハードルが高い。

ただ、折角の訪問チャンスだったし、なんと言ってもGWなのだから、行くしかない!と決心。

日曜日の朝、みなとみらいコースを少し走った後の目的地として、設定した。

わざわざ出かけるには、ちょっと不便な場所にあるのだけれど、横浜ランのクールダウンと考えれば悪くない、と思ったのである。

その店は、山本商店街という地区内に存在している筈だった。

ただ、実際に歩いてみると、この商店街の閑散ぶりが、僕を不安に陥れる。

日曜の午後という条件を鑑みても、シャッターを閉じている店だらけだったからだ。

僕は、訪問前に、店の開店状況を確認をしていなかったため、「大丈夫だろうか…?」と思いながら、恐る恐る商店街を歩いていると…。

f:id:ICHIZO:20180504063145j:plainあった!

シャッター商店街通りの中にあるにも関わらず、優雅な雰囲気さえ漂っていた。

店頭に掲げられている紫の大きな暖簾が、「餃子工房」としての自信を感じさせる。素敵だ。 

f:id:ICHIZO:20180504063205j:plain

入店。

僕が訪れたのは、11時半ぐらいだったこともあり、先客はひとりだけだった。小綺麗で、居心地のよさそうな雰囲気だった。

僕は席に座るや否や、我慢できずに、ビールと焼餃子を注文した。

この日は、朝から気温が上がっていて、夏日の状況。

僕は、その中で、みなとみらいコースラン後に直行したため、空腹感も喉の渇きも頂点に達していた。

だから、餃子とビールは必然だったのだ。

注文の際、店員の女性から、「ビールは先にお持ちしますか?それとも、餃子と一緒にいたしますか?」と尋ねられたので、僕は、「餃子と同時でお願いします」と回答。

喉は渇きまくっていたので、一刻も早くビールを飲みたい気持ちは山々だったが、やっぱり、最高の餃子は、冷たいビールとともに味わいたい、と思ったのである。

ということで、注文のセットが揃うまでの間、僕は店内各所を見回した。

f:id:ICHIZO:20180504063228j:plain

店内には、美味しそうな料理写真が掲示されていた。

やっぱり、自慢の焼餃子が目を惹く。

f:id:ICHIZO:20180504063252j:plain

芸能人のサインもあった。
目黒祐樹とか川野太郎とか、ちょっと渋い(^^;

店内には、他にもさまざまなものが掲げられていた。

f:id:ICHIZO:20180504074043j:plain

ジブリ映画のミニジグソーパズル。

f:id:ICHIZO:20180504131216j:plain

地元の子供たち(?)が書いた絵。店内には、熱帯魚の水槽などもあって、こだわりを感じた。

そんな情景を、つらつらと眺めていると、まずは、餃子用の小皿が運ばれてきた。

そして…。

f:id:ICHIZO:20180504063314j:plain

ビールがやってきた!

瓶も、グラスも、ギンギンに冷えている。

グラスへの注ぎ方が下手で、ちょっと泡が多めになってしまったが、なぁに、そんな見栄えはどうでもいい。

渇いた喉にはメチャメチャ痺れた。いやはや最高だ。

僕が、ビールの感動に酔いしれていると…いよいよ、待ちに待った主役が登場した。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギング ブログランキングへ