餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「Garmin920XTJ」バンド切れ…後の解決策

スポンサーリンク

数日前のエントリーで、僕は、Garmin920XTJのバンド切れ問題について書いた。

欠陥デザイン…というのは、ちょっと言い過ぎかとも思ったが、この時は、そう言いたくなるほど、不満が募っていた。

1年周期で切れてしまうのは、どうにも納得がいかなかったし、後継のGARMIN ForeAthlete 935のバンドデザインが、切れにくいものになっていることも、920の欠陥ぶりを示していると思ったのだ。

前回バンド切れになった時は、純正の並行輸入品を購入して凌いだ。

f:id:ICHIZO:20161114043545j:plain

Garmin920XTJ、バンド交換の快適 - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ただ、これが、今回、ダメになってしまった。あぁ、2,578円(当時)もしたのになぁ…。 

ということで、僕は少し悩んだ。

920XTJの交換用バンドには、互換品で安価なものも販売されていた。Fitbit charge2のバンドほどバラエティに富んではいないけれど、いくつかはある。

これならば、送料込みでも999円だったので、気軽に入手が可能。

色も各色あるし、少なくとも純正品よりは切れにくそうなデザインに見える。

Amazonのレビュー評価はあまり良くないし、「蒸れる」というレビューは引っかかったのだけれど、まぁ、値段なりということで納得できそうな気もした。

もちろん、935へ乗り替える夢も少し抱いた。座骨神経痛もようやく沈静化してきて、体調は回復傾向。少しずつだけれど、昔のように走れるようにもなってきている。

だから、自分への復活記念(?)に、935を購入しようかという案も浮かんだ。

ということで、数日、セロハンテープの応急措置で凌ぎながら、試行錯誤した挙げ句、僕が選んだ解決策は…。

これを購入することだったw

f:id:ICHIZO:20180609172955j:plain

Garmin ガーミン ForeRunner920XT 交換用バンド ブルー/ブラック [並行輸入品]

前回と同じく並行輸入ものの純正品。

ただ、仕入業者が異なっていて、パッケージの表記も違っている。

また、値段も少し値上がりしていて、今回は、2,700円もした。

欠陥デザインと言いながら、なんでまた買うんだよ!と、ツッコミが入りそうなので、弁解しておこう。

安価な互換品と大いに迷ったのだけれど、僕は、やっぱり、この組み合わせを捨てきれなかったのだ。

f:id:ICHIZO:20180609171058j:plain

Fitbit charge 2バンドとのコラボレーションである。

穴の形こそ異なるものの、色合い的にはイメージが似ている。

そもそも僕は、Charge 2のバンドを、920XTJとイメージを合わせたくて、非純正のものに付け替えたのだ。

このバンドは本当に良く、僕は純正品に変えてずっと使い続けていた。

どんなに手荒に使っても切れそうなデザインではなく、しかも、蒸れにくさも有している。それでいて、非常に安いのだから、実に申し分ないバンド。

僕は、このコンビデザインを崩したくなかったのである。

ということで、しばらくは、またこの組み合わせで使い続けていこうと思う。

920XTJのバンドデザインは欠陥品(しつこい(^^;)なので、1年後ぐらいには、また切れてしまいそうになると思うのだけれど、その時は、今度こそ潮時と考えて、ウォッチごと買い換えるつもりだ。 

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ