餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ふくらはぎ痛、発症。あぁ、峠走断念…。

スポンサーリンク

痛恨の日曜日だ。

勝負レースまで、あと2週間。久しぶりに、すっきりと晴れて気持ちのいい朝になったので、今日は、足柄峠まで峠走に出かける予定だった。

しかし…。結局、それは実現しなかった。

ふくらはぎの違和感が、どうにもこうにも拭えなかったからである。

普通に歩くことはできるのだけれど、ちょっとでも早く歩こうとすると軽く痛む。こんな状態で、峠でのスピードトレーニングを行うのは、とても危険な気がした。

だから、いったんは、山北*1に向かって電車に乗ったものの、車中で悩みに悩んで、断念。

引き返して、今、これを書いている。ブログでも書いていないと、やりきれない気分になりそうだったからだ。

この痛みは、今朝突然発生したものではない。

時は、昨日のトレーニング時に遡る。

昨日の夜明け前は、冷たい雨が降っていたため、僕は、近所のジムに出かけて、トレッドミル、レッグカール、ステッピングの三部連を決行した。

僕が尊敬する岩本能史先生推奨の「雨の日トレーニング」メニューだ。

トレッドミルは、「走らされている感」がやっぱり否めず、耐えきれなくなって、ジム連の合間に外へ繰り出して、雨中の花見ランも実施。

f:id:ICHIZO:20170402070905j:plain

それぐらい順調なトレーニングだった。

しかし。

いざ、ジムでの三部連を終えて、シャワーを浴びに向かう途中、ふくらはぎに激痛が走った。まともに立っていることができない。

そして、そのまま、ジムのストレッチエリアに倒れ込んでしまった。

痛みはすぐに収まるだろうと過信していたのだけれど、なかなか引かず、僕は、しばらく動くことができなかった。

夜明け前のジムには、スタッフはおろか*2、他の利用客も誰もおらず、僕は、そのままひとりで苦しむしかない状態。本当につらかった。

 その原因は、間違いなくこれだ。

f:id:ICHIZO:20170402070136j:plain

レッグカールマシン。

最近使い始めたこのマシンで、慣れない筋トレを行った後遺症。

レッグカールは、ハムストリングを鍛えるトレーニングだが、ふくらはぎにもある程度負担がかかる。特に、筋肉の使い方をよく掌握していなかった場合には。

そして、僕は間違いなく、その反動を受けてしまったのだ。

昨日は、夜まで違和感が残っていて、少しでも早く歩くと痛んだけれど、就寝前に湿布をはったし、睡眠で休養をとれば、きっと今朝は回復している…と信じて僕は床についた。

けれど、今朝になっても、その違和感はおさまらなかった。

折角の晴れた休日。峠走の準備は万端だったため、僕は、諦めきれず、「走っているうちに、きっと治まってくるだろう」と信じることにして、いったんは家を出た。

しかし、山北に向かう道中、Webで「ふくらはぎ痛」の情報などを色々検索してみると、甘く考えるのは危険な気がして、不安が大きく膨らんだ。

峠走は、筋肉をたっぷり使うハードなトレーニング。違和感が残る状態で走りきれるほど甘くない。

特に、下りのスピード練習で、ふくらはぎに負担がかかったら、重傷化することも十分考えられるし、そうなったら、もう手遅れだ。

ということで、峠走は断念。今日は1日、静養につとめることにした。

あぁ、折角の、素晴らしいランニング日和なのになぁ…。 

 

パナソニック フットマッサージャー レッグリフレ コンパクトタイプ ブルー EW-NA34-A

パナソニック フットマッサージャー レッグリフレ コンパクトタイプ ブルー EW-NA34-A

 

 

*1:足柄峠走の起点となる駅。僕の家からは2時間以上かかる。

*2:24h営業スタイルの簡易なジムなので、スタッフは日中しかいない。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ