読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

楽しい!美味しい!「80年代酒場 部室」で、感動の貸切餃子ナイト!!(前編)

スポンサーリンク

こんなに飲んだのは、いつ以来だろう。

最近、僕は、歳のせいか、飲み会でも控えめに飲むことが多いのだけれど、昨晩は、我を忘れてしまうほど、飲んだ。

それぐらい楽しい、素晴らしい、夢空間で、僕は酔いしれてしまったのだ。

そんな空間とは…。

f:id:ICHIZO:20170520081200j:plain

「80年代酒場 部室」だ。

この店の素晴らしさについて、僕は、今年1月のエントリーで詳しくご紹介させていただいている。

あのときも本当に最高だったが、今回は、さらに、楽しみな要素が加わっていたので、僕は、この日を待ちわびていた。

前回は、会社の同僚と2人での訪店だったため、店内には、他のお客さんもいた。

ただ、「80年代」という共通の話題があるせいか、皆、意気投合し、とても楽しかったことを思い出す。

それはそれで素晴らしかったのだけれど、今回は、今年のかすみがうらマラソンを一緒に走ったラン仲間を中心に、貸切で予約したのだ。

f:id:ICHIZO:20170520081210j:plain

店の入り口看板に掲げられたボードには…。

f:id:ICHIZO:20170520081217j:plain

店主、安野さんの直筆で、貸切メッセージを掲げていただいていた。こういった気遣いが嬉しい。

f:id:ICHIZO:20170520081227j:plain

夢空間への階段を上ると…。

f:id:ICHIZO:20170520081235j:plain

店の入り口にも貸切の案内が表示され、ガラス越しに、安野さんが、温かい笑顔で迎えてくださった。

入店。

f:id:ICHIZO:20170520081251j:plain

圧倒的なシングルレコードのジャケット群は、もちろん健在。

80年代の顔とも言える、松田聖子、中森明菜のシングルジャケットは、年代順にコンプリート。圧巻だ。

さらに、店内は、今年1月に訪れた時から、ますますパワーアップしていた。

f:id:ICHIZO:20170520081304j:plain

渡辺満里奈、ピンクレディー、80年代の雑誌群。

黒ひげ危機一発や、コカコーラのヨーヨーなど、懐かしのおもちゃ類もあった。

f:id:ICHIZO:20170520081325j:plain

80年代のお宝雑誌「BOMB」は、ラインナップが増えて充実。薬師丸ひろ子の映画パンフも素晴らしい。

さらに…。

f:id:ICHIZO:20170520081339j:plain

f:id:ICHIZO:20170520085155j:plain

f:id:ICHIZO:20170520081348j:plain

いやはや、もう、店内どこを見渡しても、懐かしく、素晴らしいアイテムが満載だ。

80年代に青春を過ごした人にとっては、この情景を見に行くだけでも訪れる価値があると思う。

店内のアイテムに酔いしれているうち、メンバーが揃ってきて…。

f:id:ICHIZO:20170520081421j:plain

乾杯!

f:id:ICHIZO:20170520081432j:plain

まずは、ポテトサラダとキムチを食べながら、僕らは、この店の「もうひとつの主役」登場を待っていた。

奥の厨房からは、ジュージューという、心地よい、そして心ときめく音が聞こえてくる。

そして。

(以下、続く。)

 

 

松田聖子と中森明菜 [増補版] 一九八〇年代の革命 (朝日文庫)

松田聖子と中森明菜 [増補版] 一九八〇年代の革命 (朝日文庫)

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ