餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ベルマラ・サプライズ!で快走。足柄峠走(下り)の至福

スポンサーリンク

僕は、スピードに乏しいランナーで、かつ、スピード練習も大の苦手。

だから、平地で15kmビルドアップ走を行う時などは、とても憂鬱になる。

ビルドアップ走では、5km単位にスピードを上げていく必要があるのだけれど、そのたびに息が上がって、練習を止めたくなる。

「なんでこんな苦しいのに、スピードを上げなきゃいけないんだ」と心が叫ぶ。

それこそがスピード練習だと言うのに、実に全く駄目なランナーだなぁと思う。

しかし、そんなダメダメな僕を鍛えてくれるのが、峠走。

唯一ここでだけ、僕は、嘆いたり苦しんだりせずに、スピード練習ができる。

何故か。

f:id:ICHIZO:20180928040101j:plain

強烈な下りの傾斜が、僕を後押ししてくれるからだ。

山頂に至るまで、つらい上り坂に苦しんだからこそ、尚更、僕はこの下り坂で心が楽になる。

この日も、上りはかなりつらかった。

気候に恵まれて、走りやすい状態だったというのに、それでも最後は苦しくて、かなり歩いてしまったほど。

しかし、その「地獄の上り」が、「極楽の下り」に繋がり、僕に、距離の錯覚をもらたしてくれる。

平地で20km超のペース走を行うより、断然楽に感じるし、後半でスピードを上げても苦にならない。

いやぁ、やっぱり本当に、峠走は最高だ。

そして。今回の下りロードでは、僕をさらに後押ししてくれるサプライズがあった。

麓まで、残り6kmあたりの地点だったろうか。

駆け下りて行く途中、すれ違ったランナーたちから、いきなり、僕の名前が呼ばれたからだ。

驚いて振り向くと、なんと、ベルリンマラソン2017で一緒だったランナーたちの顔があった。

おぉ!

なんというサプライズだろう。僕は大いに嬉しくなって、一緒に記念写真を撮ってもらった。 

f:id:ICHIZO:20180928040136j:plain

素敵な女性2人の真ん中で、ポーズを撮っているのが僕。

この写真ではわからないと思うけれど、にやけた顔のガニ股オッサン状態で、我ながら恥ずかしいw

しかし、そんな状態になるぐらい、僕は嬉しかったのだ。

この「ベルマラ・サプライズ」により、僕は、大いに元気をチャージした。

それは、峠走のラップタイムからも明白。

最近の峠走では、快適な下りでも、20km地点あたりを過ぎると疲れがでてきて、ラップがキロ5分台に落ちていたのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20180928044906j:plain

なんと、4分台をキープできている!

はてブロのスピードランナーの皆さんたちからみると、情けないラップに見えるかもしれないが、鈍足ランナーの僕的には、超絶ラップと言っていい。

それぐらい、ベルマラ・サプライズの効果は大きかったのだ。

結果。

f:id:ICHIZO:20180928045317j:plain

峠走全体のラップも、久しぶりにキロ6分を切ることができた。実に嬉しい。

f:id:ICHIZO:20180928040155j:plain

峠走後は、いつものように、麓の「さくらの湯」で、今回の峠走の疲れを癒やした。

いやぁ、ほんとに、いい練習になった。そして、最高のサプライズだったなぁ。

僕は、湯船の中で、そんな思いを噛みしめた。できれば、ずっと、余韻に浸っていたかった。

が、それも束の間。僕は早々に、さくらの湯を出た。

この日は、僕にとって重要な「アフター峠走」の計画があったからだ。

(以下、続く。)

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ