餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

コスパ最高餃子@アメ横「八仙宮」 で、待望のカーボ補給! #キン肉マンスタンプラリー 

スポンサーリンク

ということで、途方に暮れていた僕たちを救ってくれたのは、この店だった。

f:id:ICHIZO:20190217110510j:plain

今回、一緒に走っていた友人が、アメ横の路地で偶然見つけたのである。

ただ、店に入る前は、少しだけ躊躇った。

僕らは、美味しい餃子を食べるために、ランを続けてきた筈だ。

それなのに、この店で良いのか?ということだった。

一応「餃子」酒場という名前はついているものの、それは単なるアクセント(?)で、餃子が看板メニューというわけでもなさそうだ。

この手の、格安《食べ放題飲み放題》系の店は、確かに、料金はお得かもしれないが、味もそれなりであることが多い。

しかも僕らは、別に食べ放題がしたいわけではなく、餃子を食べたいだけなのだ。

ということで、あえてこの店に入る意味は…?とも思ったのだけれど、北風が僕らの背中を押した。

空腹の状態で、これ以上寒風にさらされていたら、次の駅まで辿り着くのも困難になる。

今から他の店を探すのも面倒だ。

ということで…僕らは腹を決めて入店することを決意。

店は、看板の隣にある階段を下りて地下にあった。

f:id:ICHIZO:20190217112725j:plain

店内は、それなりに賑わっていて、先客たちは、皆、昼間から飲んでいた。

酒類は、生ビールも含めて280円だから、安い。

普段の僕なら、飲みたくなってしまうところだったが、スタンプラリーの途中で飲むのは流石に無謀だし、そもそも、冷えた身体はビールを欲していなかった。

ということで、壁のメニューを眺めながら、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20190217113358j:plain

焼餃子を注文。

5個で280円だから、これも非常に安い。

ただ、写真を見る限り、あまり期待はできないような気がした。

「手作り餃子」ということだったのだけれど、機械で包んだようなビジュアルだったし、どうにも美味しそうに見えなかったからだ。

ただ、まぁ、ここまで来たら引き返せない。

僕らは、焼餃子が出てくるまでの繋ぎとして、胡瓜とニンニクの和え物を注文した。

f:id:ICHIZO:20190217113732j:plain

これがなかなか美味しかった。

ニンニクがしっかり効いていて、味付けも悪くない。ロングラン(僕はそんなに走ってないけどw)の疲れを癒やしてくれる。

f:id:ICHIZO:20190217113759j:plain

無料サービスのキャベツサラダも、なかなか良かった。

しかも、セルフサービスで取り放題。素晴らしい。

ということで、リーズナブルな野菜類で場を繋いでいると、ほどなく…。

f:id:ICHIZO:20190217113828j:plain

焼餃子がやってきた!

僕は、それを見て、ちょっと意外な印象を受けた。第一印象をひとことで言えば…。

「ん?見本の写真よりも全然いいじゃないか」

ということだった。

皮は手作り手包みっぽいし、こんがりした焼き色も美しい。具もしっかりと入っているように見える。

これならば、期待できるかもしれないぞ。

f:id:ICHIZO:20190217113854j:plain

囓ってみる。

うん、やっぱり悪くない。野菜のザクザク感と肉のジューシー感がうまく絡み合っている。

それに…皮が美味しい。カリカリ、もちもちで、食べ応え十分。

これで5個280円というのは、実にコストパフォーマンスが高い餃子だ、と思った。

f:id:ICHIZO:20190217113918j:plain

気をよくした僕らは、水餃子も注文。

その価格は380円なので、焼餃子より100円高い。しかし、こちらは1人前8個だから、実は、こっちの方がさらに安かった。*1

 「白菜」水餃子ということだったが、水餃子に白菜が入っているのは、別に珍しいことではない。

あえて白菜を強調するということは、逆に、肉が入っていないということか?などと、考えながら待っていると…。

f:id:ICHIZO:20190217113934j:plain

 水餃子、登場!

茹で上がったばかりのそれは、もうもうと湯気が立ち上がって、実に美味しそうだ。

そんな臨場感を味わっていただくため、曇ったレンズで撮影w

f:id:ICHIZO:20190217114025j:plain

噛んだ瞬間、僕は、生姜の味を強く感じた。

白菜水餃子…というよりも、生姜水餃子と言った方がいいんじゃないかと思うほど。

もちろん、白菜も、そして肉もちゃんと入っていたけれど、圧倒的に生姜を感じる。

僕は、もともと生姜が好きだし、さらにこの日は、身体が冷え切っていたため、特に最高だった。

生姜は、身体を温めてくれる食材だからだ。

水餃子もまた、皮が良かった。厚みも、もちもち感も十分。

しっかりとした小麦粉の皮で、炭水化物(カーボ)を補給できたことが、その後のスタンプラリーランで、僕らの大きな力になったことは間違いない。

f:id:ICHIZO:20190217114000j:plain

iPhone SEとの比較写真も撮ってみた。

3人でこれだけの餃子を食べて、野菜も(無料のサラダ含め)十分とって、その料金は、ひとり当たり600円を切った。

いやぁ、実にコストパフォーマンスの高い店。最高の餃子エイドだった。

ということで、今度は夜の《食べ放題&飲み放題》コースを利用してみようかと思い、Webで検索してみて、僕は驚いた。

なんと、夜は、餃子の種類が一挙に増えるのだ!

焼き餃子/納豆焼き餃子/フカヒレ餃子/ニラまんじゅう/揚げ餃子/キムチ餃子/坦々水餃子/スープ水餃子/白菜水餃子/ニラ水餃子

10種類!

いやぁ、餃子酒場の名前はダテじゃなかった。

しかも、餃子に限らず、店内メニューの料理86種は何でもかんでも食べ放題とのこと。

飲み物も、モルツの生ビールや50年物の紹興酒などを含めて、80種類が飲み放題。

それで2,980円(しかも税込!)というのは、信じられないコストパフォーマンスだ。

今度は、是非、夜にみんなで訪れたい。

*1:焼餃子は1個あたり56円、水餃子は1個あたり47.5円


マラソン・ジョギング ブログランキングへ