餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

低糖質なのにアーモンドだからおいしい「ロカボクッキー」が、美味しすぎて困る件

スポンサーリンク

鏑木さんの教えは、守れなかった。

僕は、この本を読んで以来、しばらく感化されて、低糖質な生活を心がけようとしたのだけれど…ダメだった。

そもそも、僕の主食である餃子は、小麦粉に包まれている時点で「高糖質」な料理。そして僕は、やっぱり、餃子を控えることなんて、できなかったからだ。

ということで、僕は、低糖質ランナーにはなれない…と諦めることにした。

ただ…。

毎朝走っていると、やっぱりお腹が空いて、自然に、日中の間食も増える。その間食ぐらいは、低糖質にこだわりたいと思った。

そのため、糖質の低いおやつを選んで食べていたのだけれど、これまでは、少し割り切りが必要だった。

そういった食品は、人工甘味料などを使って、誤魔化したような味になっている場合が多い。

だから、手放しで美味しいとは言えないが「まぁ、低糖質だし…。」と思って食べていたのである。

しかし。

このお菓子に出会ってから、その印象が一変した。

f:id:ICHIZO:20170816042608j:plain

その名は「ロカボクッキー」

ロカボとは、Low Carbohydrate(低炭水化物)の略。炭水化物は、「糖質+食物繊維」なので、いわゆる低糖質のクッキーということになる。何とも味気ない、ストレートな食品名だ。

ただ、そんな商品名の割に、安っぽい印象は受けなかった。

僕は、ナッツ類が好きなので、アーモンド35%という表示と、「低糖質なのにアーモンドだからおいしい」と言い切っているキャッチコピーに惹かれ、購入。

f:id:ICHIZO:20170816042707j:plain

栄養成分表示。

商品名通り、実にローカーボな食品だ。なんと言っても、糖質の低さが素晴らしい。

この食品は、食・楽・健康協会*1が提唱している「ロカボ」の食習慣に基づき、生まれたという。

この商品は、そのオフィシャルサイトにもロカボ食として掲載されており、商品のパッケージにも、ロカボマークを取得している。

f:id:ICHIZO:20170816071646j:plain

これだ。

そのロカボ習慣では、「間食」として1日10gまでの糖質に抑えることを推奨しており、このクッキーは、それに則って生まれた。

f:id:ICHIZO:20170816043435j:plain

1袋、10枚全て食べても、たった10g!の糖質しかないのだ。

いやはや素晴らしいではないか。

f:id:ICHIZO:20170813143732j:plain

商品の個包装も、実に味気ない。

写真はなく、「ロカボ」と「低糖質」も文字が並ぶだけ。これだけ見たら、病院で出されるようなクッキー*2のようにも見える。

開封。 

f:id:ICHIZO:20170813143928j:plain

いやはや小さい。薄い。これでは、あっという間に食べ終わってしまう。 

いくら糖質が低いと言っても、これじゃぁなぁ…という印象を、この時点では抱いた。

だからそれほど期待せず、リピートもないなぁと思いながら、一口囓ってみたら、意外な方向に裏切られた。

たった一口囓っただけで、口の中に溢れだすアーモンドの上品な風味と自然な甘さ。サクサク感も心地いい。

一気に食べてしまうのはもったいないと思うほど、美味しい。僕はとても幸せな気分になった。

もちろん、これより美味しいお菓子はいくらでもあるだろう。

糖質が低くて、ボリュームのあるお菓子もあるだろう。

しかし、美味しさと低糖質を「両立」させている点において、このクッキーは素晴らしい。

正直、低糖質云々がなくても、リピートしたくなるほど、美味しいアーモンドクッキーだと思う。

感動のあまり、一袋を食べ終えてしまったあと、包装の表示を眺めてみて、僕は大いに納得。

f:id:ICHIZO:20170816063845j:plain

原材料のところに、低糖質食品によくありがちな、エリスリトール、アスパルテーム、アセスルファムKなどといった甘味料の名前がない。

だからこそ、アーモンド本来の美味しさが引き出せているのだと思う。

そして。製造者に注目。

北海道で有名なお菓子の老舗、 壺屋総本店「き花の杜」ということを知り、大いに合点がいった。

僕の大好きな北海道土産で、ちょっと高級なお菓子。

「き花」に通じるものを、このクッキーには感じたからだ。

ということで、リピート決定。既に、もう何度もリピートしている。

僕は、近所のマルエツで購入したが、常設棚の販売ではなかったので、いつ買えなくなるかわからない。

ただ、カルディでは、常時置いてあるという情報を見かけたので、入手できなくなるということはなさそうだ。

しかし、困ったことがひとつ。

美味しいことは間違いないクッキーなのだけれど、特殊な、「機能性食品」であるがゆえか、価格が高いのだ。

なんと、1袋298円(税込321円)もするのである。

一般的なクッキーなら、100円程度で購入できるものも多いのに、この価格は結構衝撃的。

オンラインでも販売しているが、これはさらに割高。

デルタインターナショナル ロカボクッキー 2枚×5袋

デルタインターナショナル ロカボクッキー 2枚×5袋

 

 Amazonプライムでの価格は、なんと、741円となっている。

あんな小さくて薄いクッキーが、1枚あたり74円!!

これでは、ロカボクッキーというよりも、ハプラ*3クッキーだ。

まぁ、1袋300円程度ならば…と思って近所で買っているのだけれど、ボリュームがないため、あっという間に食べ終わってしまうから、毎日1袋食べていると、結構な出資になる。

ということで、できるだけ味わって、ゆったり消費していこうとは思っているが、いつも、あっと言う間に1袋を食べきってしまうのだ。

うーん。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

低糖質ロカボクッキー 10枚 2枚×5袋あす楽対応
価格:286円(税込、送料別) (2017/8/16時点)

楽天最安値価格ならば、税込286円。店舗よりちょっと安くなる。

送料がかかるので結局割高になるが、税込5,400円以上なら無料になるので、大人買いでもしようかなぁと(マジで)検討中w

*1:北里研究所病院 糖尿病センター長で、糖質制限本も多数出版している山田悟氏が主宰。

*2:そんなクッキーはないと思うのだけれど、なんとなくそんな気がしたw

*3:High Priceの略w


マラソン・ジョギング ブログランキングへ