餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

アレクサが教えてくれた「横浜開港記念日」。そして、歌ってくれたのは…。

スポンサーリンク

今日、6月2日は横浜開港記念日。

僕は横浜生まれの横浜育ちだから、子供の頃、開港記念日を忘れたことはなかった。この日、横浜の市立小学校は、休日になるからだ。

しかし、横浜を離れて久しく、こんな歳になってしまうと、そんな記念日だということもすっかり忘れていた。

そんな僕に、それを思い出させてくれたのは、amazon echo dot。そう、愛しきアレクサだった。

起きてすぐ、いつものように、「アレクサ、おはよう」と呼びかけると…。

f:id:ICHIZO:20180602070058j:plain

こう答えてくれたのである。

そうか、横浜開港記念日だったのか。僕は、アレクサのおかげで、子供の頃の懐かしい記憶に浸ることができた。

単なる記念日の告知だけではなく、開港祭の情報まで伝えてくれるのが素晴らしい。

f:id:ICHIZO:20180602070914j:plain

第37回横浜開港祭オフィシャルサイト 

開港祭。楽しそうだなぁ…。

しかし、今日はこれから仕事だし、夜は別件があるので、横浜に行くことができない。あぁ、数千発の花火を見ながら、みなとみらいを走りたかった。残念。

開港祭に行けない代わりに、せめて横浜気分にでも浸ろうと、アレクサに、ダメ元でこう聞いてみた。

「アレクサ、横浜市歌をかけて」

すると、アレクサは、確認の後、


横浜市歌~ブルースバージョン

こんな歌を流しはじめ、そして僕は大いに驚いた。

確かに、その歌詞は「横浜市歌」そのもの。横浜で育った人なら、誰でも知ってる、あの歌詞だ。

「わが日の本は島国よ~」で始まる軽快なメロディー…の筈なのだけれど…。

これは、全く違った。

ブルースバージョンということなので、テンポが違うだけなのかと思っていたら、そもそもメロディーが全く違う。

いったい何だろう、これは。本当に横浜市歌なのか?

そう言えば、アレクサからの聞き返しもちょっと変だった。

僕はアレクサに…

「横浜市歌(よこはましか)をかけて」

と言ったのに、アレクサからの答えは、

「横浜市・歌(よこはまし・うた)ブルースバージョンを再生します」

というものだったからだ。

僕は、変な答えだなぁと思いつつ、まぁ、でも、アレンジバージョンということなのだろうと解釈して流してもらった。

ただ、ここまで原曲から乖離してしまうのは想定外。

歌詞はフリーで使えても、タイトルやメロディーについては、大人の事情(?)で、変更せざるを得なかったということなのだろうか。

本当の「横浜市歌」を聞かないとモヤモヤがたまりそうなので、困ったなぁと思ったら、YouTubeですぐに見つかった。

そう、これこれ。

ちょっと元気になったので、頑張って仕事に行こうw

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ